2016年08月17日

サル年4月ランニング。

 4月だ。
 うれしい。
 辺り一面に桜が咲くからだ。
 桜の花を見ながら走るのは、
 なんとなく気持ちがハラハラして、切なくなるが、
 春爛漫な感じは、とにかくうれしい。

 ということで、4月前半は、
 桜ランニング。
 目黒川に匹敵すると地元の人は言う恩田川の桜。14k。
 3kmもの直線道路脇に、桜のトンネルが続く海軍道路。16k。
 翌日も、同じ海軍道路。15k。
 そして、境川の白い桜を見ながらの14k。
 翌日も、同じ境川の白い桜ランニング13k。
 白い桜は、珍しい。
 とにかく桜を求めて駆け巡ってみた。

 次のランは、伊香保温泉。
 群馬県の秘湯だが、そこを走れることは喜びだ。

 仕事だったけども、伊香保温泉の静かな朝に、坂道山道ラン。
 ホテルから坂道を下る。
 あー、また、上らないといけないのだなあと思いながら下る。
 4k程、無目的に下り、反転。
 そして、4k程、ウハハと駆け上る。
 榛名街道という味な名前の街道に出て、長峰台展望台。
 山間にたたずむ伊香保温泉街全体を見渡せる素晴らしい展望台だ。

 そして、来た道を伊香保温泉まで戻る。
 薄い朝霧に包まれる榛名街道。
 いいなあ。

 で、伊香保温泉と言えば、石段だ。
 最近整備されて、365段の階段となった。
 当然の如く、駆け上がりダッシュ。
 若いのさ。気持ちだけは。
 ウハハと言いながら、なんとか365段走り切り。
 が、まるで、ダメだった。体力がない。
 石段の先に、伊香保神社。
 由緒正しい歴史ある神社だ。
 ようやくたどり着き、襟を正してお参り。
 ありがとうございます。
 さらに、その先に、ラドン発見の地というものがある。
 よくわからないけど、伊香保温泉といえばラドンなのだ。
 温泉飲泉所があり、ちょっと飲んでみたが、
 ラドンの香りがした。
 温泉が滾々と湧き出していて、なんだか
 気持ちのいい場所だった。

 そんな伊香保温泉ランニング11k。

 で、翌日が第18回長野マラソン。
 伊香保から移動して、長野にて前日受付。
 その足で、関西ランナー界の雄、おっとーさんのランニングミーティング
 に参加させていただく。
 長野駅前のお蕎麦屋さん「御代田」
 集まったのは、おっとーさん、たのくるさん、山ちゃん、おふみさん、
 おふみさんのオランダ人のだんなさん、You_hiro_Ayaさん。
 長野マラソンを走ろうと皆さん、わざわざ長野まで来たのだ。
 翌日が、フルマラソンなので、飲むわけにもいかず、
 決意表明してお開きとなったが、なんとも貴重な時間。

 そして、いよいよ第18回長野マラソン
 初参加。
 天気予報では、雨だったけど、
 なぜか、雨は降らないようだ。
 しかし、風が強く、雲がうねっていた。
 筆ではらったような雲だ。
 スタート前には、昨日のランナーメンバーに加えて、
 プロシードさん、ロボッチさん、ミソラさん、あやたさん、りょうたさん、
 だれやねんさん、zakiさん、サトウさんなど、なんだか凄いメンバーが集まっていた。
 私はといえば、今年は、まるで走っていなかったので、
 レースプランも何もなく、ただ、これから
 フルマラソンを走るという高揚感に包まれていた感じだ。

 で、スタート。
 強風の為、スタートゲートは撤去。
 エリアは、E。
 直後は、まるで元気。スイスイ進む。
 そりゃそうか。
 長野マラソンは、1998年に開催された長野オリンピックの精神を
 継承しようと始まったもので、
 コースは、オリンピック施設である、エムウェーブ、ビックハット、
 ホワイトリンクを巡り、ゴールが長野オリピックスタジアムで、
 まさに、オリピック精神の継承だ。
 途中、一生に一度は参ろうの善光寺の表参道、
 牧歌を絵に描いたような千曲川の土手を走る。

 最初は、元気だった。
 そりゃそうだ。
 5k地点の善光寺表参道も元気だった。
 12k地点のエムウェーブも元気だった。
 このままいけば、いい。
 このまま淡々とゴールまでいければいい。
 と、そう思った瞬間、異変が起きて、急に身体が重たくなった。
 分析するに、スタミナ切れ。
 練習もしないで、フルを走ろうというのが甘い。
 キツクてキツクてスピードを落とさざるを得ない。
 パワージェルを飲んでも、バナナを食べても、
 梅干しを食べてもダメだった。

 さらに、天候が荒れまくった。
 強い風が吹いてきたかと思うと、横殴りの雨が降り出す。
 横殴りの雨が続き、悲しくなったが、やがて、雨は止む。
 けれど、次は、劇的に天候が回復して、青空。太陽光線照射。
 ストレートな直射が、どんどん体力を奪う。
 人生スクリーミングだ。
 風も、雨も、曇りも、晴れも一度に来た。
 フラフラになった。

 38k地点で、ホワイト。
 千曲川の土手を走っている時だ。
 音が消え、視力が落ち、走っている感覚がなくなった。
 ぼんやりと違う世界を浮いているように走っていた。
 なんだか、今でもわからない。
 極度の疲れから生じる幻想なのだろう。

 が、しかし、しばらくして現世に戻る。
 しっかりしろと鼓舞して、ゴールをめざす。
 ふと見ると、だれやねんさんが前を走っていた。
 彼は、元気で、異常にテンションが高く、ジグザクに進んだり、
 後ろ向きに走ったり、大声を出したりしていた。
 これも幻覚か。幻か。
 なんだか、ものすごく楽しそうだった。

 で、前進。ひたすら、前進。
 精進。

 コースには、千曲川の桃畑が広がっていた。
 雨上がりのクリアな青空に、一面の満開のピンクの桃の花。
 桃源郷はこんなところなのだろう。
 身体はキツく、意識が朦朧としているが、その色は覚えている。
 綺麗。怜悧。

 千曲川の土手を過ぎると、ゴールだ。
 オリンピックスタジアムまで、2kの直線が続く。
 しぼりきっても、まるでスピードは上がらない。
 が、ゴールは近づく。
 応援の人が多くなってゆく。
 女子学生が、ボンボリを持って応援してくれる。
 沿道でも、雨にもかかわらず、すごく応援してくれたな。
 みんな笑顔。鳴りやまない声援。
 強烈な太陽。鮮烈な太陽。燦然たる太陽。
 走れ、私。

 夢の世界にいる感じで、オリンピックスタジアムへ。
 トラックを回って、ゴール。
 イエス。
 ゴール直後、グランドに倒れ込んだ。
 今までにないことだ。
 相当、走力が低下している。
 空を見上げて、呼吸を整える。
 疲れに疲れて、起き上がれなかった。
 太陽が、とにかく眩しかった。

 しばらく仰向けに倒れていたが、なんとか立ち上がり、
 長野マラソンホスピタリティの象徴のおしぼりをもらう。
 当座の汗を拭きとるのだが、それが、気持ちいいのなんの。
 生き返る感。活力が蘇ってくる感。
 不思議だ。

 先にゴールした人、後にゴールした人、
 応援に回った方々、
 知り合いの方に、たくさんお会いした。
 みんな笑顔だったのが嬉しい。
 ゴールは、嬉しい。
 ありがとうございます。
 
 で、帰り路。
 相変わらず変な天気で、凄まじい風が吹いていたのだが、
 ふと見ると、ラン仲間のショージさんがいた。
 すかさず、マラソン屋台のビアで乾杯。
 強風で、ビアの泡が吹き飛んでいったのが印象的だったが、
 ビアがとにかく苦くて冷たくて美味しかった。

 そんな、自身、初めての長野マラソン。
 とても、いい大会じゃないかと思った。
 また、走るだろう。

 で、4月は、終わる。
 4月下旬に、いつも境川をはしって、トータル165.195qのラン。
 2月に、月間15qしか走らなかった事を思うと、
 隔世の心持ちだ。

 まだ、まだ、走る。まだ、まだ。


 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
 
マラソン・ジョギング ブログランキングへ

 

posted by hide at 19:50| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

サル年3月ランニング。

 3月。
 春は、いい。
 ぽかぽかとしてきて、気持ちが和んで、活動的になる。
 極寒の冬など、走る気がしないが、春となれば別。
 どこまでも、走れる。

 という予定だったが、3月に走ったのは、
 都合3日。
 合算して、54k。
 およよーんという感じ。
 よくも、まあ、こんなに走らなくなったものだ。
 
 まずは、中央林間から、境川をひたすら下り、
 江ノ島をめざず28kのラン。
 夜中の3時30分に家を出る。
 キロ6分位のゆったりペースで、
 チョコチョコと走る。
 徐々に明るくなっていく世界。
 夢が膨らむ。
 徐々に立派な流れになっていく境川。
 大河となる。
 3月も下旬にさしかかり、早くも、桜が咲いている。
 いいな。
 6時20分。江ノ島到着。
 西浜で、深呼吸とストレッチ。
 気持ちいいよ、本当。
 海は、いいわ。心が、広がるわ。
 な、境川江ノ島ランニング28k。
 
 そして、次のランは、熱海。
 ここのところ、熱海に行く機会が多い。
 で、朝。5時。
 ホテルから、135号道路を下り、サンビーチ。
 くねくね曲がったワインディングロードを、クネクネ走るのは、
 意外と楽しい。
 いつの間にかテンションが上がっている。
 ヨーロッパの漁港を模したサンビーチは、熱海を忘れさせてくれる美しさ
 そして、熱海後楽園へ向かい、その先の熱海港まで。
 ここから熱海の街を見る。見つめる。
 地形的に、香港に似ているような気がする。
 熱海の街に戻り、昭和な感じの商店街を抜け、
 伊豆山神社へ。
 ここには、800段の階段がある。
 格好のトレーニング場だ。
 伊豆山神社は、その昔、源頼朝と政子が愛を語り、
 修験場として大層栄えたが、
 豊臣秀吉の小田原攻めの時に、焼き打ちにあい、衰退。
 しかし、徳川家康が再興したというドラマのある神社だ。
 そんな歴史を感じながら、階段をせっせと上る。
 あまり走ってないので、やたら疲れる。バテる。
 やっと境内にたどり着いて、見えたのは、
 どこまでも広がる駿河湾、伊豆、相模、駿河の国。
 なんともいいね。
 そんな熱海ランニング12k。

 で、熱海の翌日、浜名湖へ移動。
 3月に走ったのは、3本で、その3本目。
 で、今回は、浜名湖の周辺を走る。
 イエイ。
 スタートは、浜名湖の北側、猪鼻湖畔にあるホテル。
 そこから三ケ日へ。
 三ケ日といえば、みかんだ。
 道すがらの畑にたくさん実っている。
 柑橘の爽やかな香りが漂う。
 浜名湖の周りは、ジョギングコースが整備されていて、
 非常に走りやすい。
 ちょうど朝陽が昇る。
 海のような広い湖面が、みかんのオレンジ色に染まる。
 なんとも、静かでゆったりした気持ちになって、
 なんとも、静かでゆったりと走る。
 帰りに、猪鼻湖神社に立ち寄る。
 浜名湖と猪鼻湖をつなぐ湖面の小島の上に
 鎮座している神社だ。
 島には、小さな祠がある。
 小さいけども、オーラが漂う。
 そして、グーと、湖岸をホテルまで戻る。
 気持ちはいい。すっきりと走る。
 そんな浜名湖ランニング14k。

 という、3月のトータル54k。
 中身はいいけども、距離は非常に、少ない。
 困ったものだ。
 ホホホ。

 でも、まだまだ、走る。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
 
マラソン・ジョギング ブログランキングへ


posted by hide at 10:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

サル年2月ランニング。

 3月。
 雛祭り。春。
 素敵な季節だ。
 私は、今のところ、花粉症の症状もないので、
 この時期、憂鬱などということはない。
 寒い冬が過ぎ、木々が芽吹く頃。
 前進していくし、膨らんでいく。気持ちが。

 ということで、2月の走行距離。
 圧巻の15k。
 走ったのは、月末に1度だけ。
 寒いから嫌というのもあるけども、
 何かと忙しがっていて、走る余裕がない。
 それだけに、15kのランは、素晴らしいものだった。
 凛した空気の中、いつも境川沿いを、朝陽を浴びながら。
 普段抱えている諸問題、諸テーマ、諸案件などが
 どんどん収束していくような心持がした。
 スピードは気にせず、ゆったりと走る。
 いやあ、ホント、いい。

 ということで、走力がまるで落ちている現状。
 悲しいばかりだが、3月も、まだまだ慌ただしい。
 しかし、4月には、ボブ・ディランが来日して、
 ライブをする。
 私は、渋谷と横浜で、拝聴する予定。
 ランとまるで関係ないが、人生は、ディランのように
 歌い続けることが大事だ。
 とにかく続けること。
 
 さて、3月の走行距離は、どれ程になるのだろう。
 フフフ。
 
 
にほんブログ村


 
 
 
posted by hide at 05:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする