2016年10月26日

サル年6月ランニング。

 6月上旬。
 私は、静岡県は浜松にいた。
 夜、和牛サーロイン、鯛めしなどを贅沢に食べた後、
 お腹が膨れて、厭世的になったので、走ることにした。
 浜松ランニング。
 夜に走る。
 まず、ホテルの近くの浜松城へ。
 浜松には、今年の3月も来たが、走ったのは今回が初めて。
 ホホホホ。
 知らない街を走るのは、嬉しい。
 かつての家康の居城浜松城は、出世城として有名だ。
 暗闇の中、浜松城の階段を、ガシガシと駆け上る。
 お腹がいっぱいなので、スピード遅い。
 若き日の家康像という銅像の前で、出世を誓う。
 浜松城は、小さいながらも城壁が頑強な感じで
 格好いい。
 そして、浜松の盛り場である、有楽街の方へ。
 通りには、大型カラオケ店が立ち並び、
 みんな楽しそうに歩いている。
 私は、知り合いもいないので、黙々と走る。
 邪魔にならないよう注意しながら。
 巨大なJR浜松駅を抜けて、南下。
 馬込川という風情のある川が流れていて、
 その川沿いの道が走るのにちょうどよさそうだったので、
 しばし走る。静か。
 そして、213mという静岡で最も高いアクトタワー浜松、脇を通りホテルへ。
 10km。
 
 で、翌朝も浜松ランニング。
 ホテルから、有楽街。まだ、飲んでる若者達。
 JR浜松駅を超えて、中田島街道という道を南下。
 5k程走れば、海に出るはずだ。
 そして、そこには、中田島砂丘が広がっているはずだ。
 中田島砂丘には、海ガメが卵を産みに来るらしい。
 心踊りつつ、キロ6分ほどのスピードで、
 直線の中田島街道をひたすら走る。
 やがて、中田島砂丘があった。
 海が広がっていた。遠州灘だ。
 空から、雨がパラパラと降ってきた。
 中田島砂丘は、その名のとおり、砂の丘だった。
 砂が丘のように堆積して、丘の向こうにも
 丘が続いていた。
 飄々とした気持ちになったが、初めての砂丘を
 走ってみる。
 走りにくいけど、なんか楽しい。
 砂浜を走るのと変わらない。
 海ガメはいなかった。
 その代わり、海ガメのハリボテがあった。
 海ガメは、ここ遠州灘で産まれ、太平洋を渡り、
 アメリカ灘周辺で過ごし、再び、太平洋を渡り、
 次はオーストラリア灘で過ごし、卵を産みに
 遠州灘に帰ってくるそうだ。
 おおお、すごい。海ガメの驚異的な生態。
 活動領域が広い。広すぎる。
 と驚き、引き返して、中田島街道を一気に
 ホテルへ向かって走った。
 海ガメに感動した浜松ランニング18k。
 イエイ。 
 
 6月中旬。
 私は、大阪にいた。
 朝、5時前。
 JR大阪駅近くのホテルを抜け出し、大阪ランニング。
 大阪マラソンは走ったことはないが、大阪はよく走る。
 雨がパラパラと降っていたが、関係ない。
 巨大なJR大阪駅から、北新地を抜ける。淀屋橋を渡り、
 御堂筋を南下。
 朝のオフィス街は、だれもいなくて、走りやすい。
 船場を超えて、心斎橋筋。
 アーケードでは、若者が寝ている。
 だんだんと雑多になってきて、道頓堀。
 グリコも、カールおじさんも、つぼらやのふぐも、
 食い倒れ人形も、ケバケバしい。
 吉本も、NMB48も、法善寺横丁も、
 コテコテだ。
 なんだか日本でないアジアの片隅の栄えた街という印象。
 若者の邪魔にならないように走って、日本橋(にっぽんばし)電気街。
 人のいない黒門市場のアーケード。食の多様性を感じるなあ。
 で、偶然、真田山という街を通りかかる。
 坂がいいなあと思っていたら、今、NHK大河ドラマで演っている
 「真田丸」跡地があった。
 この地に、真田幸村は真田丸を築き、徳川と戦ったのか。
 大阪城から、随分と離れていて、当時の戦の規模の壮大さに驚く。
 で、そのまま大阪城へ。
 大阪城公園は、広く、爽やかだ。
 大阪城天守閣の下では、歌うたう人、笑い続ける人、踊る人と
 朝から非常に賑やかだ。平和。
 大阪城を出て、天満橋へ。
 そこから中之島公園。
 堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島公園は、バラなんかも
 植えられていて、非常に美しい公園。
 走るのも、気持ちいい。
 で、大阪証券取引所や、中之島公会堂なんかの脇を走りつつホテルへ。
 気がつけば、19kmの大阪ランニング。 
 
 で、まだ終わらない。
 翌朝も走る。
 朝しか時間がないので、早起きして走る。
 これがキツイようだけど、私は楽しい。
 ホテルから、北新地。
 仕事終わりのホステスさんが歩いている。
 艶めかしい雰囲気が、すごいなあ。
 日銀大阪支店の前を通り、また御堂筋を南下。
 今や、まるで無縁のファッション街、アメリカ村を走る。
 ビル一面に大きな絵が描いてあったりして、アート感が溢れている。
 よくわからないけど。
 そこから、宗右衛門通り。
 ここは、北新地と違い、若い金髪のホストなんかが
 まだ、客の呼び込みをしている。
 朝だっていうのに、まったく狂っている。時間感覚が。
 そのまま、再び、道頓堀を抜けて、今日は、天王寺あべのハルカス方面へ。
 天王寺のあたりは、大阪の寺町で、落ち着いた雰囲気が漂う。
 坂も風情があり、源智寺坂とか日縄坂とか名のある坂があった。
 聖徳太子を祀る四天王寺も通過。とても広いお寺だ。
 やがて、あべのハルカス。高さ300m。日本イチ高いビル。
 見上げるだけで、のぼったような気になる。ホホ。
 で、天王寺公園を抜けて新世界へ行こうと思ったら、
 茶臼山という場所に出る。
 見れば、真田幸村終焉の地とある。そうなんですね。へー。
 昔は、本当に、鎧兜つけて戦争していたのね。へー。
 と改めて思い、新世界へ。
 通天閣に、つぼらや、ビリケンさんの像がやたらとある。
 ガチャガチャゴチャゴチャと人情味が溢れている。
 走りもいいけど、飲みもしたい。
 で、再び道頓堀方面へ。
 しばらくはランに集中して、モクモクと走り、道頓堀。
 東から陽が差してきた。さっきまで暗かったのに、いつの間にか太陽も高い。
 御堂筋も集中して、シュッシュッと走る。
 最後に、JR大阪駅近くのお初天神にお参りして、ラン終了。
 今日の大阪ランニングは21km。
 走るだけだけど、気持ちいいし、楽しい。
 また、走りたい。 

 そんな6月のランは、月間トータル149km。
 少ない。実に少ない。
 走力は落ちるばかりだ。 

 
 
マラソン・ジョギング ブログランキングへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




posted by hide at 07:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

サル年5月ランニング。

 5月中旬。
 7年に一度の奇祭、御柱祭りが行われている諏訪の街を走る。諏訪ランニング。
 朝の4時15分。ホテルを出て、諏訪湖畔を静かに3k。
 徐々に明けていく夜。波の音が微かにする。
 スピードはゆったりだ。
 湖畔を離れ、諏訪大社秋宮への坂道をわさわさと行く。
 走力が落ちているので、つらい。
 街の中の沿道には、よくわかないが、ヒラヒラとした
 銀色金色七色のテープがデコレートされていて、
 お祭りムードを盛り上げている。ささやかにだけれども。
 そして、諏訪大社秋宮。
 早朝なので、流石にお祭りはしていなかったが、
 お宮の横に、御柱をたてる巨大な穴が掘ってあった。
 祭り自体は、一度も観たことはないので、いつかは
 観てみたい。
 今回も、諏訪にはいるにはいるのだが、祭りは観る時間がない。
 しかし、巨大な御柱が格納されているところは見た。
 御神木という感じがした。
 秋宮から、旧中山道を走る。
 この道、緩やかにカーブがあり、両脇に温泉宿が並び、
 湯煙がたち、非常に風情がある。
 走っていて誠に気持ちいい。
 そして、諏訪大社春宮。秋宮とまるで同じ形をしている。
 相似形なのだ。ここにも、御柱の穴がある。
 さらに進むと、万治の石仏
 川のせせらぎに包まれて、深緑の緑に包まれて、
 万治の石仏様は、鎮座している。
 その佇まいは、最高だ。
 とにかく不思議なお姿をされている。
 岡本太郎も祈ったように、「よろずおさまりますよう!」
 と祈り、来た道を引き返す。
 諏訪湖に戻ったときには、陽も高く上がり、
 湖面一面、シャインな感じ。
 眩しさに包まれてホテルへ。
 そんな16k。
 いいランだ。 

 5月下旬。
 長野県小谷村を走る。小谷ランニング。
 標高850mにある山田館から、早朝、スタート。
 空は、雨模様。しかし、まるで気にならないレベル。
 澄んだ空気を吸いながら、坂道を走る。
 ヘロヘロだけど、ガシガシ上る走る。
 走力が落ちていて悲しくなる。
 旅館から5kほど上ると、百名山雨飾山の登山口だ。
 そこからは、山頂へは4k。歩いて3時間とのことだ。
 時間があれば、分け入って進んでいくのだが、
 如何せん、時間がない。
 引きかえして、下り道を、物凄いスピードで走り、宿へ。
 トータル10kのラン。
 気持ちもいいこと限りなし。
 山田館には、温泉が湧いている。
 武田信玄の家臣が見つけた秘湯とのことだ。
 鉄の香りのする、そのお湯は、熱過ぎず、まるで
 心地いい。気持ちいい。
 ラン後の、穏やかな疲れを癒してくれた。
 山田館では、岩魚、山菜、筍などをいただいたが、
 どれも素朴な美味しさがあった。
 いいところだ。 
 しかし、冬には4mの積雪があるとのこと。
 どうやって生活しているのかな。
 
 そんな5月のトータルラン距離は、130k。
 もっと走れってーの。

 
マラソン・ジョギング ブログランキングへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



 
posted by hide at 17:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

サル年4月ランニング。

 4月だ。
 うれしい。
 辺り一面に桜が咲くからだ。
 桜の花を見ながら走るのは、
 なんとなく気持ちがハラハラして、切なくなるが、
 春爛漫な感じは、とにかくうれしい。

 ということで、4月前半は、
 桜ランニング。
 目黒川に匹敵すると地元の人は言う恩田川の桜。14k。
 3kmもの直線道路脇に、桜のトンネルが続く海軍道路。16k。
 翌日も、同じ海軍道路。15k。
 そして、境川の白い桜を見ながらの14k。
 翌日も、同じ境川の白い桜ランニング13k。
 白い桜は、珍しい。
 とにかく桜を求めて駆け巡ってみた。

 次のランは、伊香保温泉。
 群馬県の秘湯だが、そこを走れることは喜びだ。

 仕事だったけども、伊香保温泉の静かな朝に、坂道山道ラン。
 ホテルから坂道を下る。
 あー、また、上らないといけないのだなあと思いながら下る。
 4k程、無目的に下り、反転。
 そして、4k程、ウハハと駆け上る。
 榛名街道という味な名前の街道に出て、長峰台展望台。
 山間にたたずむ伊香保温泉街全体を見渡せる素晴らしい展望台だ。

 そして、来た道を伊香保温泉まで戻る。
 薄い朝霧に包まれる榛名街道。
 いいなあ。

 で、伊香保温泉と言えば、石段だ。
 最近整備されて、365段の階段となった。
 当然の如く、駆け上がりダッシュ。
 若いのさ。気持ちだけは。
 ウハハと言いながら、なんとか365段走り切り。
 が、まるで、ダメだった。体力がない。
 石段の先に、伊香保神社。
 由緒正しい歴史ある神社だ。
 ようやくたどり着き、襟を正してお参り。
 ありがとうございます。
 さらに、その先に、ラドン発見の地というものがある。
 よくわからないけど、伊香保温泉といえばラドンなのだ。
 温泉飲泉所があり、ちょっと飲んでみたが、
 ラドンの香りがした。
 温泉が滾々と湧き出していて、なんだか
 気持ちのいい場所だった。

 そんな伊香保温泉ランニング11k。

 で、翌日が第18回長野マラソン。
 伊香保から移動して、長野にて前日受付。
 その足で、関西ランナー界の雄、おっとーさんのランニングミーティング
 に参加させていただく。
 長野駅前のお蕎麦屋さん「御代田」
 集まったのは、おっとーさん、たのくるさん、山ちゃん、おふみさん、
 おふみさんのオランダ人のだんなさん、You_hiro_Ayaさん。
 長野マラソンを走ろうと皆さん、わざわざ長野まで来たのだ。
 翌日が、フルマラソンなので、飲むわけにもいかず、
 決意表明してお開きとなったが、なんとも貴重な時間。

 そして、いよいよ第18回長野マラソン
 初参加。
 天気予報では、雨だったけど、
 なぜか、雨は降らないようだ。
 しかし、風が強く、雲がうねっていた。
 筆ではらったような雲だ。
 スタート前には、昨日のランナーメンバーに加えて、
 プロシードさん、ロボッチさん、ミソラさん、あやたさん、りょうたさん、
 だれやねんさん、zakiさん、サトウさんなど、なんだか凄いメンバーが集まっていた。
 私はといえば、今年は、まるで走っていなかったので、
 レースプランも何もなく、ただ、これから
 フルマラソンを走るという高揚感に包まれていた感じだ。

 で、スタート。
 強風の為、スタートゲートは撤去。
 エリアは、E。
 直後は、まるで元気。スイスイ進む。
 そりゃそうか。
 長野マラソンは、1998年に開催された長野オリンピックの精神を
 継承しようと始まったもので、
 コースは、オリンピック施設である、エムウェーブ、ビックハット、
 ホワイトリンクを巡り、ゴールが長野オリピックスタジアムで、
 まさに、オリピック精神の継承だ。
 途中、一生に一度は参ろうの善光寺の表参道、
 牧歌を絵に描いたような千曲川の土手を走る。

 最初は、元気だった。
 そりゃそうだ。
 5k地点の善光寺表参道も元気だった。
 12k地点のエムウェーブも元気だった。
 このままいけば、いい。
 このまま淡々とゴールまでいければいい。
 と、そう思った瞬間、異変が起きて、急に身体が重たくなった。
 分析するに、スタミナ切れ。
 練習もしないで、フルを走ろうというのが甘い。
 キツクてキツクてスピードを落とさざるを得ない。
 パワージェルを飲んでも、バナナを食べても、
 梅干しを食べてもダメだった。

 さらに、天候が荒れまくった。
 強い風が吹いてきたかと思うと、横殴りの雨が降り出す。
 横殴りの雨が続き、悲しくなったが、やがて、雨は止む。
 けれど、次は、劇的に天候が回復して、青空。太陽光線照射。
 ストレートな直射が、どんどん体力を奪う。
 人生スクリーミングだ。
 風も、雨も、曇りも、晴れも一度に来た。
 フラフラになった。

 38k地点で、ホワイト。
 千曲川の土手を走っている時だ。
 音が消え、視力が落ち、走っている感覚がなくなった。
 ぼんやりと違う世界を浮いているように走っていた。
 なんだか、今でもわからない。
 極度の疲れから生じる幻想なのだろう。

 が、しかし、しばらくして現世に戻る。
 しっかりしろと鼓舞して、ゴールをめざす。
 ふと見ると、だれやねんさんが前を走っていた。
 彼は、元気で、異常にテンションが高く、ジグザクに進んだり、
 後ろ向きに走ったり、大声を出したりしていた。
 これも幻覚か。幻か。
 なんだか、ものすごく楽しそうだった。

 で、前進。ひたすら、前進。
 精進。

 コースには、千曲川の桃畑が広がっていた。
 雨上がりのクリアな青空に、一面の満開のピンクの桃の花。
 桃源郷はこんなところなのだろう。
 身体はキツく、意識が朦朧としているが、その色は覚えている。
 綺麗。怜悧。

 千曲川の土手を過ぎると、ゴールだ。
 オリンピックスタジアムまで、2kの直線が続く。
 しぼりきっても、まるでスピードは上がらない。
 が、ゴールは近づく。
 応援の人が多くなってゆく。
 女子学生が、ボンボリを持って応援してくれる。
 沿道でも、雨にもかかわらず、すごく応援してくれたな。
 みんな笑顔。鳴りやまない声援。
 強烈な太陽。鮮烈な太陽。燦然たる太陽。
 走れ、私。

 夢の世界にいる感じで、オリンピックスタジアムへ。
 トラックを回って、ゴール。
 イエス。
 ゴール直後、グランドに倒れ込んだ。
 今までにないことだ。
 相当、走力が低下している。
 空を見上げて、呼吸を整える。
 疲れに疲れて、起き上がれなかった。
 太陽が、とにかく眩しかった。

 しばらく仰向けに倒れていたが、なんとか立ち上がり、
 長野マラソンホスピタリティの象徴のおしぼりをもらう。
 当座の汗を拭きとるのだが、それが、気持ちいいのなんの。
 生き返る感。活力が蘇ってくる感。
 不思議だ。

 先にゴールした人、後にゴールした人、
 応援に回った方々、
 知り合いの方に、たくさんお会いした。
 みんな笑顔だったのが嬉しい。
 ゴールは、嬉しい。
 ありがとうございます。
 
 で、帰り路。
 相変わらず変な天気で、凄まじい風が吹いていたのだが、
 ふと見ると、ラン仲間のショージさんがいた。
 すかさず、マラソン屋台のビアで乾杯。
 強風で、ビアの泡が吹き飛んでいったのが印象的だったが、
 ビアがとにかく苦くて冷たくて美味しかった。

 そんな、自身、初めての長野マラソン。
 とても、いい大会じゃないかと思った。
 また、走るだろう。

 で、4月は、終わる。
 4月下旬に、いつも境川をはしって、トータル165.195qのラン。
 2月に、月間15qしか走らなかった事を思うと、
 隔世の心持ちだ。

 まだ、まだ、走る。まだ、まだ。


 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
 
マラソン・ジョギング ブログランキングへ

 

posted by hide at 19:50| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする