2016年12月31日

サル年9月ランニング。

 北海道に行った。
 旭川、岩見沢、帯広と仕事で巡った。
 どこも魅力的な街だった。
 イエイ。
 まず、旭川ランニング。
 旭川は、札幌に続いて、北海道第2の都市。
 私は、個人的に玉置浩二の歌を傾聴しているのだが、
 旭川は、玉置さんの故郷。
 早朝、ホテルを出る。
 9月というのに、気温9度。
 寒い。
 が、走る。
 玉置さんが、若い頃、音楽の練習をしていたという
 ハーベストロードハウスをめざす。
 が、遠い。
 道が、どこまでも、直線で、風景が変わらない。
 なんだか焦る。
 それでも、なんとか、広野の中にあるハーベストロードハウスへ。
 玉置さん、ここで、歌作っていたのだなあ。
 という感慨をもって、ホテルへ戻る。
 旭川は、いい街だけども、駅前のデパートが閉店してしまうなど、
 経済的に苦境だ。
 どのようにしたらいいのだろうか。
 翌日は、岩見沢へ。
 まるで、何があるのか知らないけども、ホテルを出て走り出す。
 そしたら、ポプラ並木がどこまでも続く、まるで北海道な
 景色が広がり、気持ち、嬉しい。充満。
 少し行ったら、メープル小学校なんていうメルヘンな小学校が
 あって、なんともかわいい。
 そして、岩見沢の駅前へ。
 寂れているけども、まるで、映画のセットのようなキャバレーや
 飲み屋さんが広がっていた。
 北の街、しみじみといい。そんな20kのラン。仕事前に頑張った。
 で、翌日は、帯広へ。
 走る。
 帯広の街。
 開拓の街なので、基本、直線の道。
 どこまでも走る。
 ばんえい競馬場。北海道の少し太った馬が競馬をする。
 時間があれば、競馬をしたい。
 その先に、十勝川。
 雄大。
 だが、今年は、北海道で災害があり、十勝川も荒れていた。
 気持ち、つまされる。
 でも、みんなで頑張るしかない。
 というか、皆さん、すでに、頑張られている。
 いろいろ思う所ある十勝ランニング。15k。 
 
 しかし、北海道は気持ちよかった。 

 その後の9月は、近所の境川や、江ノ島へ走った。
 トータル179km。
 やはり、少ないなあ。 
 

 
posted by hide at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サル年8月ランニング。

 ハワイに行く。
 そして、憧れのハワイランニングを決行。
 ハワイの気候は、夏でも穏やかにして湿度もさほどなく、爽やか。
 走るのに、この上ない環境。
 イエイ。
 泊まっていたホテル「ロイアルハワイアン」から、早朝、走り出す。
 いいよ。いいよ。
 ハワイを走るのは、気持ちいいよ。
 まるで、快調。
 地理がわからないけど、オレンジの街頭が街を照らしているから、
 なんとなく安心。
 アラワイ運河まで行き、引き返し、飲み屋街のあるクヒオアベニューを
 ガンガン進み、ダイヤモンドヘッドストリートへ。
 いつのまにか朝。明るくなる。
 となりは、ハワイの海。波の音。
 最高だ。
 ダイヤモンドヘッドを見つめながら、太平洋を見つめながら、
 最高の空気を吸い込みながら、走っていたら、朝陽。
 鮮烈な陽の光に包まれる。
 あー、世界は素晴らしいよ。
 走っていてよかったよ。
 うれしいよ、と感じたハワイの朝。
 感謝。
 で、ハワイランニング2日目。
 やはり、早朝。
 思うところあって、カメハメハ大王像に
 会いに旧市街の方を走る。
 若干、街が荒れていて、怖いが、
 神様を信じて走る。走る。
 あてずっぽうで走ったので、カメハメハ大王像には辿り着けなかった。
 至極、残念。
 ハワイランニング3日目。
 家族がイルカに会いたいといい、ホテルを早く出なくてはいけなくて、
 手短ラン。
 ホテルのまわりを、海を眺めながら、走る。
 ハワイでは、日本以上にたくさんの方が走っている。
 意外と健康的なのだなあ。それはそうか。素晴らしい環境だもの。
 イルカは、見れた。野生のイルカがハイスピードで泳いでいた。
 ハワイランニング4日目。
 今日で、ハワイを走るのは最後だ。
 旅の疲れで、朝、起きるのが遅くなって迂闊だったが、
 今日も走れる。
 幸せだ。
 ロイアルハワイアンから、運河へ行き、戻って、ダイヤモンドヘッドストリートを
 駆け上がる定番のコース。
 鳥の鳴き声も、ハワイの植物の緑も、空の青も、街並みも、海の色も、空気も、
 素晴らしい。
 ダイヤモンドヘッドストリートの中腹に、いつも座っているハワイアンの
 おじさんがいるが、彼は、いつもニコニコだ。
 「グッド・モーニング!」
 言葉を交わすだけで、うれしい。
 ワイキキに戻り、海沿いをラン。
 なんて気持ちがいいのだろう。
 そんな、ハワイを走った距離は、トータル50kほど。
 思い返せば、今までのランの中で、上位の素晴らしいランだ。
 また、走りたい。そりゃ、そうだ。 

 8月、それ以外には、日本で近所を走る。
 トータル192k。
 足りてないと思う。 


 
posted by hide at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

サル年7月ランニング。

 初夏。
 7月上旬。
 朝4時40分、家を出る。
 走るのが心地いい季節だ。
 とりあえず、境川沿いに出る。
 ここを走るのが好きだ。
 川が穏やかで、鯉とか鷺、カモなんかがいる。
 川の両脇には田園風景が広がっていて、丘のような山もある。
 走っていると、まるで牧歌な気持ちになり、
 のんびりと弛緩する。
 私が走る時間帯には、ランナーは少ないけど、
 ピークな時間帯は、けっこうなランナーが走っていて
 カラフルな感じになったりする。
 そんな境川を、ひたすら下っていくと、
 やがて江ノ島に着くのだ。
 だいたい25km位。
 トコトコ走って、陸から海までたどり着く感覚が、
 胸踊ると言うか、ワクワクすると言うか、
 なんともいい。
 暗いうちに家を出て、海が近づくにつれて、
 白々と明けてくる空を眺めながら走るというシチュエーションもいい。

 今日は、風が強かった。向かい風だった。
 頑張ってガシガシと走るけれども、そのうちバテた。
 藤沢を過ぎたあたりから、辛くて、
 ボテボテと走った。
 しかし、やがてゴールの江ノ島。
 境川が太く立派な川になって、その水が滔々と
 相模湾に流れ込む場所。
 江ノ島の西浜にて、深呼吸。
 風が強くて、海は荒れて黒く、サーファーが波と格闘している所を眺める。
 私も中央林間から走って来たのだぜ!ナ。
 と、一瞬思い、リ・フレッシュな気持ちになって
 江ノ島ランニング終了。なんだかんだの28km。

 7月中旬。
 二子玉川ランニング。
 二子玉川駅をスタートして、多摩川沿いを下る。
 河川敷では、野球、ラクロス、サッカー、ゴルフ、ランニング
 ウォーキングを皆が楽しんでいて、良い。
 そんな健全な開放感の中、走るのは気持ちいい。
 まあ、とにかくのんびりと走る。
 途中、浅間神社。
 神社は高台にたっていて、
 多摩川の向こう大山あたりも見渡せて、風が気持ちよくて、
 風水的に見ると、とても運気の上がる場所だと思う。
 風水のことはよく知らないけども。
 そして、田園調布の街中を走る。
 いやあ、綺麗で美しく大きな家が並んでいるなあ。
 いいなあ。この世の富は偏っているなあ。
 街にある公園の名前は、「宝来公園」。
 そこにある宝来池には、亀が悠々と泳いでいた。
 「宝来、宝来、ほうらい、宝よ来い」と唱えながら走る。
 なぜに、田園調布を走るのか、よくわからないが、
 まあ、トコトコと走って、再び、多摩川沿いに戻り、
 二子玉川ライズまで走った。
 距離15k。
 
 そんな7月のランのトータルは、168k。
 土日は、きちんと走ることができました。
 しかし、もっともっと走りたい。

 
マラソン・ジョギング ブログランキングへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


posted by hide at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする