2016年12月31日

サル年9月ランニング。

 北海道に行った。
 旭川、岩見沢、帯広と仕事で巡った。
 どこも魅力的な街だった。
 イエイ。
 まず、旭川ランニング。
 旭川は、札幌に続いて、北海道第2の都市。
 私は、個人的に玉置浩二の歌を傾聴しているのだが、
 旭川は、玉置さんの故郷。
 早朝、ホテルを出る。
 9月というのに、気温9度。
 寒い。
 が、走る。
 玉置さんが、若い頃、音楽の練習をしていたという
 ハーベストロードハウスをめざす。
 が、遠い。
 道が、どこまでも、直線で、風景が変わらない。
 なんだか焦る。
 それでも、なんとか、広野の中にあるハーベストロードハウスへ。
 玉置さん、ここで、歌作っていたのだなあ。
 という感慨をもって、ホテルへ戻る。
 旭川は、いい街だけども、駅前のデパートが閉店してしまうなど、
 経済的に苦境だ。
 どのようにしたらいいのだろうか。
 翌日は、岩見沢へ。
 まるで、何があるのか知らないけども、ホテルを出て走り出す。
 そしたら、ポプラ並木がどこまでも続く、まるで北海道な
 景色が広がり、気持ち、嬉しい。充満。
 少し行ったら、メープル小学校なんていうメルヘンな小学校が
 あって、なんともかわいい。
 そして、岩見沢の駅前へ。
 寂れているけども、まるで、映画のセットのようなキャバレーや
 飲み屋さんが広がっていた。
 北の街、しみじみといい。そんな20kのラン。仕事前に頑張った。
 で、翌日は、帯広へ。
 走る。
 帯広の街。
 開拓の街なので、基本、直線の道。
 どこまでも走る。
 ばんえい競馬場。北海道の少し太った馬が競馬をする。
 時間があれば、競馬をしたい。
 その先に、十勝川。
 雄大。
 だが、今年は、北海道で災害があり、十勝川も荒れていた。
 気持ち、つまされる。
 でも、みんなで頑張るしかない。
 というか、皆さん、すでに、頑張られている。
 いろいろ思う所ある十勝ランニング。15k。 
 
 しかし、北海道は気持ちよかった。 

 その後の9月は、近所の境川や、江ノ島へ走った。
 トータル179km。
 やはり、少ないなあ。 
 

 
posted by hide at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: