2015年07月11日

宇都宮ランニング。

 宇都宮に出張。
 1泊2日。
 走ろう。走る。
 フフフフ。
 
 宇都宮は、餃子の街として知られる。
 宇都宮の方々は、餃子が好きらしい。
 それを証明するかのように、駅前も駅ナカも餃子の店だらけだ。
 宇都宮餃子会なる組織があり、餃子の店がマッピングされた
 パンフレットを見ていると、ウキウキする。
 人に聞けば、あの店が旨い、この店が旨いと教えてくれる
 宇都宮の近くに、大谷石という立派な石が採れる場所があり、
 その関係か、どうか知らないが、大谷石で作った餃子像
 沢山、駅前にはある。
 割とローレベルな感じだけど、ウキウキする。
 
 昼間は、それなりにすることをして、夜、
 どういう訳か、食事してお腹いっぱいなのに、餃子と冷たいビールを
 求めて街に出た。
 ドヤドヤと割と大勢で、お店に行き、ドヤドヤと注文。
 餃子、キムチ餃子、黒豚餃子、水餃子、揚げ餃子。
 と、生ビール。
 幸せな瞬間じゃ。
 肉は少なめで、野菜の味がしっかりする。
 出来たては、ジューシーだ。
 ガストッ!!(スペイン語で、「美味しい」)
 と誰かが叫んで、夜、遅くまで餃子とビール。
 ホホホホ。
 
 で、そんな翌朝。
 身体が重い。
 厭世的になる。
 なので、若干、雨が、降っていたけども、走る。
 走りたい。走らなくてはならない。
 ホテルから、東に走ると、かの有名な奥州街道とクロス。
 そのまま奥州へ向かってみるのも乙。
 と思ったが、行けるわけがないので、やめて
 ホテルの方へ引き返す。

 で、今回のランは、ゲストがいるのだった。
 同業のK氏が、ホテルにスタンバイしていた。
 彼とは、昨夜、一緒に走ろうと約束していたのだ。
 彼は、今回、宇都宮にシューズを持参で来ていた。
 ランナーなのだ。ホホホ。
 しかし、彼も、昨夜、飲み過ぎたらしく、足取りは重い。
 身体も重そうだ。
 でも、まあ、ひとつ宜しくと、走り出す。

 多分知らないと思いますが、宇都宮タワーという、
 東京で言うところの東京タワーに匹敵する
 タワーがそびえる八幡山公園を抜け、
 新しく建てられた栃木県庁脇から、宇都宮繁華街を抜け、
 多分知らないと思いますが、宇都宮氏が築城したという
 宇都宮城址公園内を走り、宇都宮市内を悠々と流れる田川沿い
 ゆっくりとホテルまで戻ってきた。
 大体、8k位か。
 宇都宮市街地のゴールデンコースと思われる。
 ひとりより、ふたりで走るランは楽しい。
 おしゃべりしっぱなしのランだ。

 彼は、フルマラソンには出るのだけど、
 30k過ぎると、どうしても歩いてしまうそうだ。
 集中力と体力が切れてしまうらしい。
 駄目ですよ。頑張りましょう。と具体的なアドバイスは
 しなかったが、満足のいく走りをして欲しいと願う。

 そんな感じの宇都宮ランニング。
 宇都宮の餃子は、本当に、美味しい。
 イエイ。イエイ。

 



 
posted by hide at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: