2014年05月16日

伊那アルプスランニング。

 長野県は、伊那に出張。2days。
 朝、走る。グングンと走る。
 伊那は、東に南アルプス(赤石山脈)、
 西に中央アルプス(木曽山脈)がそびえ、
 中央に、天竜川が滔々と流れる風光明媚な場所。
 伊那谷とも言われているが、街はアップダウンが激しい。

 暗いうちにホテルを出て、適当に走り出す。
 駅前の商店街は、さびれている。さみしい。
 昭和の頃は繁盛したとのことだけど、今は、
 郊外の大型店の出現で、客足は減り、売上は減り、
 この先、どんな未来が待っているのか考えたくない状況だ。
 解決する方法はあるのかと、ぼんやり考えながら、
 駅前を過ぎて、坂道を、トコトコと走っていく。

 振り向き見れば、いつの間にか随分と高い所まで
 来たようで、雄大な伊那谷と、赤石山脈が見渡せた。
 赤石山脈の空には、朝焼けのグラデーション。
 静かに美しくて透明な時間と空間。
 そんな中、走る。
 贅沢だろうよ。
 伊那は、今、田植えの時期のようで、幾重にも続く
 田んぼに、水がはられていた。
 朝陽に照らされて、反射している。
 生命的に、沸き立つ感じがする。
 贅沢だろうよ。

 適当に走ると、権兵衛街道という道に出た。
 木曽山脈の方へ、スッと、続いている。
 権兵衛?
 大方、この道を切り開いた人の名前で、
 それを称して、街道の名前としたのだろうと思って、
 後で、調べたら大方、予想どおりだった。
 権兵衛。今は権兵衛なんて名前、ほとんど聞かないなあ。
 流行ってほしい。なんか優しくて大きい感じがするからね。
 その権兵衛街道を、ズンズンと進むと、
 信州大学農学部があった。
 広大な果樹園が広がっていて、そこで林檎や葡萄の栽培をしている。
 キャンパスにはいってみると、実験果樹園なんて書いてある。
 どんな実験か知らないが、研究して成果をだして欲しい。
 広大な信州大学農学部は、ユリの木が沢山植えてあり、
 美しい並木通りになっていた。
 散歩しても気持ちいい場所だろう。

 信大近辺の標高は、730m程と書いてあった。
 高尾山(599m)よりも高いのところなのか。
 地球温暖化で、海辺の都市の海に沈むなどと
 盛んに言われているけども、ここ伊那は多分そんな事にならない。
 将来的、未来的に見据えると、神に選ばれた場所かもしれない。
 駅前の商店街の廃れ具合など、小さい事だ。そうなのだ。
 イエイ。ヒヒヒ。
 と、考えながら、走る。走り続ける。
 まあ、何を考えても自由なのがランニングなのさ。

 信大を後にして、今度は、坂道を下り、天竜川沿いまで
 一気に降りる。
 朝のキラキラした天竜川は、まことに平和。
 せせらいでいる。
 鳥のさえずりも、せせらいでいる。
 水神橋というコンクリート製3連アーチの橋が架かっていた。
 現代の橋と違って、重たそうで古くさい感じがする。
 しかし、古代ローマ帝国の神殿などはコンクリート製らしい。
 そういった観点から見ると、それは正。
 建築美が漂う気高い建造物の趣き。
 今の日本において、なかなか見れるものではないだろう。
 そして、川沿いに、ゆったりと走れる歩道が整備されている。
 ラン的に幸せな環境の天竜川。

 という感じで、伊那ランニング。
 ゆったりと、美しい自然の中を走って14km。2時間弱。
 フレッシュな朝からリフレッシュ。
 そんな毎日を、仮に続けたとしたら、
 さぞかしクリエティブな感じになるに違いない。
 
 そうかしら?
 とにも、かくにも、また、走りたい。

 
 
posted by hide at 14:57| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いーな、いーな。
行きたいんですよね。
とくに恵那山に登りたいと(^-^;
Posted by チャレ at 2014年05月16日 15:14
暗いうちから適当に♪
山に田んぼに川。朝焼け。とっても贅沢な時間♪
とってもいいですね。気持ちが穏やかになりそう。
Posted by めー。 at 2014年05月16日 23:02
>チャレさん
伊那からは、木曽駒ヶ岳とか、千丈岳とかがよく見えました。
それにしても、恵那山をチョイスするあたり、さすがチャレさんだなあ。シブイ。
私も連れていってください!
Posted by hide at 2014年05月17日 14:59
>めー。さん
山に田んぼに川。朝焼け。
いやあ、本当にのんびりと牧歌的なところでした。
気持ちは、とても穏やかになりましたけど、
仕事が始まったら、また殺気だちましたね。w
そんなことの繰り返しですかね。

Posted by hide at 2014年05月17日 15:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: