2014年06月19日

横浜みなとみらいおいしい朝食ランニング。

 横浜方面のランナーの皆さんと、朝、みなとみらいを走り、
 気持ちよい空気の中、大桟橋の上で朝食を食べようという
 企画が持ち上がった。

 私の家から、みなとみらいまでは20q。
 走るのに、丁度いい距離じゃない。ね。
 6時30分に、桜木町駅改札駅集合という事で、4時頃、家を出た。
 八王子街道(国道16号)をひたすら走って横浜をめざす。
 街道には、1qごとに距離標識があり「高島まで○q」と
 細かく教えてくれる。
 高島っていうのは、横浜の高島町のこと。桜木町のとなり町。
 ってことは、あれか、デパートの高島屋は、その高島町で
 創業したのだろう、などとボンヤリ考えながら走っていく。
 (しかしこれは間違いで、滋賀県高島市が発祥らしい)
 ガシガシと走っていたら、後ろから初めてお目にかかる、
 一見、屈強なランナーが追いかけてきた。
 しばらく一緒に走った後、「今度、走友会作りましょう。」
 と声をかけられ、
 「次回、お会いした時に、住所交換お願いします。」
 と一方的にオファーを残して、ズーラシアの方へ消えていった。
 まあ、走っていれば、再び出会うことがあるかもしれない。

 やがて朝陽が昇り、輝き、紺碧の青空が広がった。
 八王子街道を無事走りきり、みなとみらいに到着。
 ランドマークタワーが見事だぜ。
 好きだぜ。
 大阪の、あべのハルカスにビルの高さ日本一を越されたらしいが、
 それはそれで、まるで構わない。
 で、集合場所の桜木町駅改札。
 ここまで、20q。
 すでにメンバーは、そろっている。
 阿部ちゃん、えみちゃん、あっちゃん、いっちさん、
 Degさん、ニシキさん、ふっくんさん。
 早朝だってのに、元気、爽やか、笑顔。
 クールミント。

 ここからは、皆で、みなとみらいラン。
 みなとみらいという所は、
 海沿いの臨港パークでは、潮風を感じながらウッドデッキのお洒落な道を
 走ることができるし、赤レンガ倉庫はレトロな雰囲気を醸し出しているし、
 コスモワールドの大回覧車の時計はクッキリと見えるし、ベイブリッジも
 パシフィコ横浜は立派だし、朝の汽車道は空いていて走りやすい。
 すべてがキラキラ。
 ランニングロケーション的には、豪華すぎて、まるでストイックさがない。
 が、走ると、それはそれで気持ちよく、皆さんとのお喋りしながらランの一時は、
 それはそれで贅沢。
 いっちさんは、近くに住んでいるっていうに、
 このような朝のキラキラシュチュエーションで走ったことなかったと言う。
 太陽の光が気に入らないらしい。ホホホ。
 で、山下公園へ移動。
 マリーンルージュも、マリンタワーも、ホテルニューグランドも、
 氷川丸も、そりゃ美しいよ。
 のんびりと、一周してラン終了。約8q。

 で、最後は、大桟橋へ。
 今回のメインは、走った後にここで朝食をいただく事なのだ。
 時には、クイーンエリザベスのような巨大な国際客船が
 停泊しているというが今回は残念ながら、その姿はなかった。
 向かうは、大桟橋の入り口にある大桟橋食堂
 朝の7時過ぎだというのに、もう営業している。
 海で働く方達の為に朝早くから営業している。
 いいなあ。
 メニューは、カレーライス、饂飩、蕎麦、カツ丼、唐揚げ、
 お握り等々何でもある。
 阿部ちゃんとニシキさんのお薦めの、カツ丼を注文。
 朝だというのに、躊躇なくみんなカツ丼。
 大桟橋の上から、穏やかな朝の横浜港を見ながら、
 みんなで、頂いた。
 美味い、美味い。
 きちんと美味しい。
 今回は、ランニングが美味しい朝ごはんのスパイスであり、前座。

 という事で、次回も、また、朝食の為に走りますよ。
 皆さん、お世話になりました。
 阿部ちゃん、有難うございました。
 ホント、楽しかったです。
 
 
posted by hide at 11:28| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

ハセツネ湘南国際エントリーランニング。

 梅雨に入って、雨の音がしっとりとしていて、
 なんとも言えない心持ち。
 走ることはできないけども、この季節の
 雨に濡れた樹木や草花の情景は、本当に美しい。

 先週、ハセツネ湘南国際マラソン
 エントリーしました。
 ハセツネは、2012年13年に続き3度目。
 湘南国際は、2011年12年13年に続き4度目。
 ハセツネが10月開催で、湘南国際が11月開催。
 毎年、秋のこれらの大会に向けて、走っている感がある。
 ハセツネは、奥多摩の山の中を71.5k。ひたすら走る。
 午後スタートなので、すぐに夜が来て、今度は暗闇の中をひたすら走る。
 景色も見えないし、孤独だし、エイドはないし、楽しい要素が、
 まるでないレースだけど、走りたくてしょうがない。奮い立つ。
 不思議でしょうがない。
 湘南国際の方は、大磯を出発して、江ノ島まで来て引き返して
 二宮まで行って、また引き返して大磯でゴールという、
 まるで単調で面白味のないコースなのだけど、
 湘南の風に吹かれながら走るのが、やたら気持ちいいので、
 ここのところ毎年走っている。
 両大会とも、人気があって、エントリーがすぐ締めきられる、大変だ。と
 言っていたけども、私の場合は、驚く程スムーズにエントリーできた。
 それでも、あっという間に締め切られたようなので危険だよ。

 という事で、今年の夏は、ハセツネと湘南国際に照準を定め、
 気合いを入れてトレーニングします。
 フルのタイムは、ここのところ下落の一途をたどっているので、
 ちょっと上げていかないと不味い。

 雨で外は走れないけれども、そのうち晴れて嫌と言うほど
 走れるだろう。

 面白くなってきた。
 はは。


posted by hide at 10:54| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする