2014年04月22日

長野マラソン応援ランニング。

 ここのところ仕事環境が変わって、
 東京と長野で、ほぼ半分ずつ仕事をしていて
 行ったり来たりの生活が続いているが、
 それはそれで楽しい。
 長野は、私の地元だが、
 ご縁があって仕事をすることになった。
 不思議な感じもするね。
 長野の冬は、寒すぎて大嫌いだけども、
 それ以外の季節は、真にさわやか信州で、
 空気も実に澄んでいる。
 静かな街なので、じっくり思索を行うには適している。
 その結果、いい反応が起きて、
 クリエティブな何かが生まれると、私は考えている。
 フフフ。

 そんな折、2014年4月20日。
 冬季オリンピックの地長野を舞台に、第16回長野マラソンが開催された。
 走りたかったけども、エントリーしていないので、
 応援に行くことにした。
 長野マラソンは、長野市にあるアクアウイング、ビッグハット、
 エムウェーブ、ホワイトリング、長野オリンピックスタジアムなどの
 オリンピック関連施設を巡り長野冬季五輪の理念を感じるとともに、
 長野の自然も満喫できる、なかなか渋いマラソン大会だ。
 参加者は、10000人。多いよ。
 長野で、10000人規模のイベントは、そうはない。

 レースは、8時30分にスタート。
 私は、にわかに仕事仲間と応援団を結成して、
 善光寺の表参道に、スタンバイした。
 計算だと、8時45分過ぎには、トップ選手が通過する地点。
 長野は、今、桜が満開で、表参道の
 ソメイヨシノや枝垂れ桜も満開。
 素晴らしいタイミング。
 昨年の大会では、信じられないことに雪が降ったけど、
 今年は、春爛漫の穏やかな気候のもとでレースが開催された。

 風のようにトップ選手が通過していく。
 脚がスッと伸びて、姿勢がよくて、格好いい。
 仕事仲間は、そんなに走らないらしいけども、
 選手の名前をよく知っていて、次々に名前を教えてくれた。
 そんな事をしているうちに、ボリュームゾーンがきて、
 10000人のランナーが、すごい勢いで駆け抜けていく。
 壮観。壮大。
 だいたい5kを過ぎたあたりだったので、
 まだ、皆さん、本当にフレッシュだ。

 激走しているはずのラン仲間を探すけども、
 すごい人波で、まるで見つけられない。
 私は、どういうわけか、タイガーマスクのマスクを
 被って応援していた。
 そしたら、「タイガー!」と声をかけてくれるランナーがいた。
 そんな素敵な方は、proceed2600さん。
 おおおおおお。
 事前のブログ情報で、ノースリーブの75Tで走ると
 仰っていたので、注視していたのだけど、まさか
 ランナーの方から声かけてくれて、それが
 proceed2600さんとは。
 ご縁だ。
 しかし、proさんも、応援の人に声かけるなんて
 素晴らしいです。
 余程、一緒に走っていきたかったけども、
 グッと堪えて、また応援。
 10時前には、10000名のランナーが通過し終わって、
 賑やかで華やかだった雰囲気は、幻のように消えて、
 いつもの静かな街に戻った。

 さて、移動だ。
 手段は、車。土地勘があるので、スムーズ。
 しかし、エムウェーブに行ったら、もう結構のランナーが
 通過した様子。
 まずいという事で、さらにホワイトリングへ。
 エムウェーブも、ホワイトリングも、
 応援者用に駐車場を解放しているので、実に応援しやすい。
 応援者用にシャトルバスも運行していたようだ。

 ホワイトリング周辺は、だいたい25q地点。
 という事で、ランナーにとっては相当キツくなってくる所。
 皆、楽ではない様子。
 ひたすら前進していくけども、顔を歪ませている。
 温度も上昇してきて、汗が噴き出ている。輝いている。
 この辺りは、沿道にもたくさんの応援の方々がいて、
 けっこう声を張り上げている。
 やはり、タイガーマスクで、応援していたけども、
 proさんみたいに、「タイガー!!!」と、声をかけてくれる
 ランナーが多くなった。
 嬉しいことだ。
 ハイタッチして、先に向かうけども、この先が
 更にキツなってくるところなので、胸が痛む。
 善光寺下で見つかれなかったラン仲間は、
 ランナーズアップデートによって通過時間を
 予測することで、全員と会うことができた。
 皆、キツクて顔を歪めているけど、声をかけると
 一瞬、笑顔になる。格好いいよ。
 再び、proさんにもお会いすることができた。
 まだまだ元気そうに見えたけど、それは傍から見ているから
 そうなのであって、ご本人は、そんなわけはない。
 余程、ご一緒に走っていきたかったけども、
 グッと堪えて、また応援。
 やはり、ひたすらゴールをめざして、前に進むっていう姿は
 心を打つ。 

 で、次は、ゴールの長野オリンピックスタジアムへ行く
 予定だったけども、ちょっと予定が変わり、行けず、ここで
 応援終了。
 今年の長野マラソンは、後半、気温上昇で大変だったようだけど、
 全体的には、春の雰囲気を満喫できるいい大会だった。
 沿道の声援も、シンプルにしとやかに盛大だ。
 なぜか長野は、制限時間が5時間と割と短く、
 昼過ぎには、無事、大会が終わり、何事もなかったように
 街は、平静を取り戻した。
 しかし、ランに終わりはない。
 また、全国のどこかで、皆、走り続けるのだろう。
 私も走ろう。
 などと思った長野マラソンでした。

 長野マラソンを走られたランナーの皆様、大会関係者の皆様、
 本当、お疲れさまでした。
 本当、楽しかったな。


 
posted by hide at 07:47| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

名古屋夜桜ランニング。

 名古屋日帰り一人出張。
 出張の時は、比較的早く仕事が終わるし、
 普段住む街と違う街は新鮮ってな事で、時間がある時は走る。

 今回も、夕方、6時にはフリー。
 桜が咲き誇る名古屋の街をラン。
 まずは、開発著しいJR名古屋駅から、西へ約3k。
 豊臣秀吉が生まれたという場所に建てられた豊国神社へ。
 3kなどあっという間。程なく豊国神社。
 豊国神社には、秀吉公の肖像画が飾られ、
 大きく書かれた「夢」という字が掲げられている。
 秀吉公の夢は壮大だったのだろうなあ。
 で、次は、そこから5kほど離れた、名古屋城をめざします。
 名古屋城は、てっきり秀吉公が築いたと思っていて、
 生家の近くに、とんでもないものを作るなあと感心していたけど、
 そうでなく、徳川家康公が築城したと初めて知った。
 そうなのか。まあ、今となっては、誰でもいいのだけど。
 
 名古屋城は、桜が満開。
 しかも、ライトアップをしていて
 溢れんばかりの桜のフレッシュなボリュームに圧倒されて、
 いたく感動し、もう走るのをよして、ビールを飲みたく
 なったけども、誘惑を振り払い、ランを続行。
 名古屋城のお堀を一周してから、テレビ塔・栄方面へ。
 恋人達や、若者達が溢れ、最も、華やかな場所。
 そこをランしているのは、私一人。
 ホホホ、ちょっと恥ずかしい。
 さくっと通り過ぎて、大須へ。
 途中、ミソかつの「矢場とん」や、台湾ラーメンの「味仙」など
 名古屋な店があるのだけど、今回は行きません。
 諸事情により、ストイックに走るのです。
 大須は、もともと、名古屋城の南寺町として誕生したところらしいが、
 今は、下町風情を残す歓楽街となっている。
 アーケードが縦横に設置されていて、様々なお店が軒を連ねている。
 ゆっくりと散策するのが、ベストだけども、ランナーは走ります。
 散策している方の迷惑にならないように。
 大須観音に御参りして、一路、名古屋駅へ。
 名古屋のビジネス街、丸の内を抜けて、広い桜通りを
 グワーと走って、駅についたのが、9時前。

 走行距離19.5kの夜桜名古屋ランニング。
 夜桜は、幻想的だな。
 美しい名古屋を走ることができてよかったな。
 また、いつか走りたいな。


 
posted by hide at 09:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする