2013年12月31日

2013年大晦日ランニング。

 2013年、大晦日。
 穏やか。
 今日は、気温0℃の長野の街を13k程のラン。
 信州大学教育学部を回り、善光寺へ抜けて、
 表参道を下り、北国街道をゆったりと。
 寒くて、手がかじかんで、大変ではあるけど、
 そのうち気持ちが落ち着いてくる。
 まあ、今年もいろいろあったなあと
 振り返りつつ、走る時間はやはり貴重だ。

 2013年のラン。
 ロケーション的には、
 高崎、河津、青森、江の島、鎌倉、大阪、京都、
 苅田、小田原、盛岡、箱根、古河、多摩川、境川、
 横浜、北丹沢、246号、お台場、浅草、皇居、
 淵野辺、弓ヶ浜、鶴巻温泉、長野、高尾山、
 台湾、伊勢崎、奥多摩山稜、名古屋、長久手などと
 実にいろいろな場所を走ることができた。
 出張の時も、旅行の時も、必ず走る。
 私の場合は、そういうランが基本的に好き。
 どこでも、普段と違う場所を走るのがいい。
 景色はもちろん、気候、空気、香り、文化など
 同じ場所は一つとない。

 年間トータル距離は、約2318k。
 2012年が、2502k。2011年が、2538k。
 年々、少なくなってきている。
 若干、ランに割ける時間が少なかったのが今年。
 まあ、仕方ない。

 2014年は、どうなるか、解らないけど、
 とりあえず、2月に東京マラソン2014が控えている。
 ここのところ練習らしい練習はしていないので、
 非常にヤバイ予感がするけども、気合いは入れて走る。
 それ以降のレースは、未定。
 感じとしては、レースはあまり入れないで、
 ロードや、トレイルに拘らず、いろいろな場所を
 走ることができれば、それがいい。
 勝手なことを言っておりますが、
 とりあえず、2013年も終わろうとしております。
 ランナーの皆様、本当、大変お世話になりました。
 「Hello,Running!!」にも、お付き合いいただき、
 恐縮です。
 ランだけでなく、山宴会やコンサート、飲み会などと
 楽しいイベントが、次から次へとあって、
 それはそれは、世界が広がっております。
 それもこれも、走り続けていればこそ。
 また、来年も、どうか宜しくお願い致します。
 
 2014年も、皆様にとって、素晴らしい年でありますように。
 では!!


 
posted by hide at 12:44| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

名古屋年の瀬ランニング2013。

 2013年、年の瀬。
 名古屋に出張。2泊3日。
 このような日程での出張の時は、
 1日目、昼間仕事、夜お酒。
 2日目、朝ランニング、昼間仕事、夜お酒。
 3日目、朝ランニング、昼間仕事、夜ランニング。
 と、パターンがほぼ決まっていて、
 都合3回のランニングのチャンスがある。
 飲むチャンスは、2回。まあ、こっちは別にいい。
 今回も、見事にこのパターンで、
 思惑どおりに事は進んだのだ。
 ホホホ。

 で、まず2日目の朝。
 泊まったホテルは、名古屋の郊外、藤が丘にある。
 朝5時。辺りは、真っ暗だけども、
 この街には、何回か来ているので、雰囲気で
 コースは決まり、おもむろに走り出す。
 今年の12月は、どういうわけか、ほとんど走って
 いないので、身体が重たい。
 昨夜、手羽先を食べ過ぎたからかもしれない
 しばらく進むと、香流川という風流な名前の川に出る。
 「かなれがわ」と読む。
 川沿いには、桜並木がある。
 春には、きっと、桜の香りが川面を流れていくのだろうなあ。
 風流だなあ。いいなあ。
 と、思いつつ、黙々と進むと、
 名古屋市のとなりの、長久手市に入った。
 長久手は、その昔、豊臣秀吉と徳川家康が戦いを
 繰り広げた場所。
 現在、その場所は古戦場公園として整備されていて、
 当時の様子を少し知ることができる。
 秀吉と家康なんて、ビッグネームだよなあ。
 戦自体は、さほど知名度が高くないけども。
 戦いは、家康の勝利だった。
 そういった歴史を積み重ねた地を、
 私が、フラフラと走っている。
 緊張感のかけらもない。まったく。
 そしてホテルへ。距離11k。
 スピードは、とても遅く、
 じっくり時間をかけてのラン。
 それでも、走るとスッキリする。
 
 で、出張2日目も、シャキッと仕事して、夜はお酒。
 ここで、牛タンを中心に、高カラリーな食物をたくさん
 貯めこんで、出張3日目の朝、また走る、走る。
 精算しないといけない。
 特に意味はないけど、昨日のコースを逆回りにしてみた。
 スピードは、相変わらず遅い。
 ホテルに戻って、NIKE Runningで、距離を見たら、
 10k。
 昨日と同じコースなのに、1kも違う。
 はて?と思って、スマートフォンの画面に映された
 コースを見ると、一部、ショートカットみたいになっていた。
 つまり、その間は、GPSが位置情報を確認できてないらしく、
 おおよその距離で10kと示しているというのがわかった。
 まあ、いいです。私は、どう頑張っても、GPSとスマホを
 連携させて、距離や時間を測るシステムは作ることできません。

 で、出張3日目も、シャキッとして仕事。
 なんとか夕方に、コンプリートして、午後6時頃フリーに。
 ちょっとした解放感。
 ラストは、名古屋市街地ランさ。
 ちょうど、クリスマス前の金曜日。
 忘年会も多いことだろう。
 街には人が溢れていて、ハッピーなムードだ。
 名古屋駅を起点にして、
 まずは、名古屋城をめざして走る。金のシャチホコ
 名古屋のオフィス街を走っているらしく、
 忘年会に向かう風のサラリーマンの集団を追い抜いていく。
 お城のような形をした奇妙な名古屋市役所や県庁を
 通り越すと、名古屋城。
 ライトアップされた、がいい。
 名古屋城のまわりを、グルグルと走った後は、栄方面へ。
 テレビ塔周辺では、「AKARI NIGHT」という
 イルミネーションイベントをしていて、
 蒼や、白や、ピンクの光に包まれていて美しい。
 見たところ、ファミリーや恋人達ばかりで、
 ランナーは私しかいない。まるで場違い。
 けど、澄ました体で、走り抜ける。
 更に、栄の中心街、三越やパルコがある繁華街
 抜けて、矢場町まで。
 ここも、見たところランナーは私しかいない。
 街ゆく人が、時折「なぜこんな所を走っているの?」的な
 視線を送ってくるような気がするけども、
 説明するわけにもいかず、まあ、澄ました体で走り抜ける。
 矢場町では、以前から気になっていた「矢場とん」で、
 味噌カツ丼を頂いた。
 ランの途中だけども、お腹が空いていたこともあって、
 名古屋の八丁味噌をからませた揚げたてのトンカツ丼は、
 美味い、美味い。
 パワーを充満して、今度は、名古屋駅に向けてラン。
 道行くサラリーマンは、いかにも忘年した風で、
 ニヤニヤドヤドヤと楽しそうだったねえ。いいねえ。
 という感じの、名古屋ナイト15kラン。

 今年は、なんだか慌ただしく、ランに集中できた年とは
 いえなかったけども、年の瀬、ゆっくりと名古屋を走ることが
 できてよかった。よかった。幸せだった。
 また、次回。
 

posted by hide at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

2013年の瀬ランニング。

 年の瀬。
 この時期の、忙しない気分と、一年間お疲れ様というムードは
 なんか好きだね。
 これが、もっともしif、ランニング・仕事・プライベートなどに
 更なる注力を行っていたならば、お疲れ様ムードは比例して
 大きくなるだろうなあ、いいなあ、と思うけども、
 まあ、さほど、頑張ったというわけではないので、
 それなりの年の瀬感だ。
 などと、ウダウダいう必要はないけども、
 無事、一年締めくくることができて、
 また、新たな年を迎えることができれば、それがいいな。

 ここのところ、右ヒザの裏のスジが痛くて思うように
 走ることができていない。
 先月の湘南国際のレース中に痛みだした、右ヒザ裏スジだけども、
 あれから1ヶ月を過ぎているのに、微妙に痛い。
 走らなければいいものを、リフレッシュしたいが為に
 走ってしまうから、治るケガも治らない。
 いつものように、自業自得。
 これまでの経緯を見ていると、12月中は満足に
 走ることができないのではないだろうか。
 うそーん。
 と思うが、仕方ない。
 
 そんなストレスを抱える年の瀬の街に私は立っていたが、
 遂に、iPhone5sを導入。
 以前使っていたフューチャーフォンは、水に落とした事が原因で、
 ショートして、全く動かなくなってしまった。
 かわいそうなことをした。
 では、スマートフォンに替えますかと、巷で人気の
 iPhone5sを選択したのだった。
 まあ、今は買ったばかりなので、小難しい顔をして
 画面をにらむ日々が続いているのだけども、
 その中で、偶然、「Nike+Runnig」というアプリを発見。
 これは、ランのルート、距離、時間、ペースなどを記録してくれる
 アプリだけども、今更ながら面白い。
 そんなに距離も、時間もこだわらない方だけど、
 その日走ったルート、距離、時間がほぼ正確に瞬時に記録され、
 確認することができる。
 そして、そのデータが未来永劫保存される。
 今までは、自分で走ったルートを記憶して、
 家に帰って、PCのジョギングシミュレーターで
 ルート、距離などを確認していたのだけど、
 その作業は、このアプリがやってくれる。
 それは、もうすでにランナーの常識なのだろうけど、
 関係ない。
 私は、私で嬉しかった。
 そんな年の瀬なのだ。
 
 しかし、どんどん便利になっていく。
 よく聞いてなかったけど、アプリが「ナイスランです。」
 って喋っていたような気がするし。
 そんな違和感、感じなかったし。
 時代は、どこへ向かおうとしているのか。
 いやはや、年の瀬。
 
  
人気ブログランキングへ
  にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
 
 
 
posted by hide at 14:48| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする