2013年07月26日

ランニングライフランニング。

 ランニングライフなどと言うものは、
 実に不安定で安寧のない営みさ。

 先日行われたチャリティ・リレーマラソンの少し前。
 鎌倉に行きに、底の平らなビーチサンダルで
 ビール飲みながら、街を闊歩していたら、
 どういう訳か、両足の裏側に、水膨れができた。
 水がパンパンに張ってきたので、
 水を抜いたら、次はヒリヒリと激烈な痛み。
 なんとか歩くことはできるが、走ることができなくなった。
 明日は、チャリティ・リレーマラソン東京2013。
 まずいじゃん。
 中高生と一緒に走るって約束しているじゃん。
 伴走するって約束しているじゃん。
 みたいな感じで、絶望を感じたのだけど、
 当日は、キズパッドを何枚も重ねて貼り、痛みを中和。
 後は持前の精神力で、なんとか走ることができた。
 だがしかし、たかだか水膨れで、
 走れない身体になってしまった。
 絶望感・焦燥感・やっちゃった感は、けっこう大きなものがあった。

 その後、比較的順調にランニングライフを過ごして
 いたのだけども、先日、急に歯茎が腫れて、
 ほっぺたもポコって感じで腫れて、顔が左右非対称になった。
 そのうちジンジンと激烈的に痛み出した。
 熱が出て、身体がだるくなった。
 歯医者さんに診てもらい、治療してもらったが、
 抗生物質の服用と、日常生活での安静を言い渡された。
 ランニングはダメとはっきり言われた。
 クラクラッとなって寝てしまったのだけど、
 歯茎が腫れると、走ることもできない。
 そもそも正しい歯磨きが出来ていないのが問題なのかも
 しれないが、夢の中で、何度も走りたいなあと思ったものだ。

 最近は、AGMLを患い、走れない日々もあった。
 脚の故障などの直接的な要因の他に、一見あまり関係のないところの
 故障でも走れなくなってしまう。
 もちろん大人はスケジュールが過密で、そもそも
 走る時間が確保できないなんてこともある。
 とみると、ランニングができるということは、
 ホント貴重なこと。
 それは、奇跡みたいなものだぜ。
 それは、猛烈にハッピーだぜ。
 メッチャ嬉しいぜ。
 イエイ。
 と走れることへの謝恩というものを感じる最近さ。

 って、そもそも
 私の場合、アルコールを控えれば、おそらく
 水膨れにもAGMLにもならなかった。
 正しい歯磨きを励行していれば、歯茎も腫れなかった。
 つまり生活の基本的なところを慎ましく
 きちんとこなしていれば、なんの問題もなかった。
 のだ。
 ホホホ。

posted by hide at 06:14| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

チャリティー・リレーマラソン東京2013ランニング。

 先日、東北復興応援の「チャリティ・リレーマラソン東京2013
 というイベントが開催された。
 このイベントは、約100名の東北と東京の中高生が、
 タスキをつなぎながら、一緒に都内を走るというもの。
 集めた募金は、東北の中高生が自分達で使途を
 考え、話し合い、決めて実行に移すそうだ。
 私が勤めている会社が特別協賛している関係で、
 イベントのお手伝いをさせてもらった。
 私の任務は、生徒達の伴走。
 生徒を安全に走行させて、一般の通行者の邪魔にならない
 ように走る。
 全ルート約39kのうち、約14kが私の担当だ。
 日比谷をスタートして、皇居を一周し、数寄屋橋を超えて、
 銀座中央通りを日本橋まで上がり、江戸通りから浅草までの区間。
 ちなみにその後は、東京スカイツリー、深川、豊洲、有明、
 勝どき、築地ときて、ゴールは丸ノ内の丸ビルとなる。
 東京マラソンに劣らない、素晴らしいルート。
 ルートを把握するために、事前に試走も行った。
  
 当日は、曇りだったけども、連日の猛暑は続き、
 朝から、随分と暑い。
 しかし、集まった中高生は、まるでフレッシュで
 炎天下でも、笑顔で談笑している。
 バスケットボールの岡田優介選手がゲストで来ていて、
 Tシャツにサインをしてもらったり、写真を撮ったりしている。
  
 朝9時。
 いよいよスタート。
 東北と東京の連合チームが、だいたい2kずつ位走り、
 タスキをつなぐ。
 岡田選手も一緒に走った。
 が、第1のタスキポイントまで2.2k。
 もっと走れるだろうに。
 子供たちは、男の子は、陸上部だったり、野球部だったり、
 女の子は、テニス部だったりで元気いっぱい。 
 キロ7分〜8分位のスピードを指示されていたのだが、
 「もっと早く走りてーよ」だの「ダッシュしていい?」
 「かったりー」「皇居って天皇様に会える所だよね?」
 「信号で止まりすぎー」「あれ、東京スカイツリーっすか?」
 「あの子、かわいくね?」などと思い思いのことを口にする。
 走りながら、汗をかきながら。
 まあ、生意気だけども、一緒にいて気持ちいい。
  
 日曜日の午前中で、銀座の中央通りはガラガラ。
 信号で止まるのが難だけども、一行は気持ちよく走った。
 NHKをはじめとするメディアの方も結構来ていて、
 カメラを担いで、一緒に走り、取材をしていた。
 さらに、当日の模様は、USTREAMで即時アップをしていたらしく、
 終始、車に乗った人がカメラをこちらに向けている。
 我々伴走者の他に、ANAのサイクリングチームが自転車で
 リードしてくれる。
 タスキをつないだ生徒は、バスに乗り、一緒に併走して
 手を振ったりしている。
 私は、トランシーバーを持たされて、発言はしないけども、
 逐次、道路状況、介護状況、お昼の状況などの情報が入ってくる。
 なんだか非常に賑やかな一団が、都内を移動していく。
  
 タスキ地点には、生徒や先生や応援の方が待機していて、拍手で
 迎えてくれて、タスキをつなぎ、スタート。
 伴走者としては、全員いるのかいないのか、よくわからないけども
 「行くよ〜」と言って走り出す。
 学生は、もう走りたくて、ウズウズしていたようで、制するのが大変だ。
 しかし、暑さは半端なかったようで、皇居と蔵前のあたりで
 女の子が具合悪くなりリタイア。
 幸い、少し休んだら調子は戻ったらしいけども、
 やはり大変なことなんだな。
  
 墨田川沿いの隅田公園が、私の交代ポイント。
 11時過ぎ。
 暑いけども、川風が気持ちいい。
 なんとか、私もトランシーバーを次の方に引き渡し任務完了。
 灼熱の都内を、フレッシュで生意気な学生と走ることが
 できたのは、楽しい経験だ。
 学校の先生みたいな気持ちにもなったね。
  
 その後、生徒は、アサヒビール本社ビルで食事をし、
 「がすってなーにガスの科学館」でトイレ休憩をし、
 有明セントラルタワーで、スポーツクラブNASの
 募金贈呈式に出席し、ゴールの丸ノ内ビルに向かった。

 丸ノ内では、すでに走った生徒全員が集まって、
 約100名が、仲通りをゴールの丸ノ内ビルまで駆け抜けた。
 夕方から雷雨が降りだし、大変だったけども、
 雨が弱まった瞬間を見計らってゴール。
 我々は、紐をもって交通整理していたが、
 いつしかみんなとハイタッチ。
 思いっきりたたいてくる奴がいるところがいい。
 女の子のハイタッチは、やはりソフトだ。

 今回のイベントは、2011年の神戸に引き続き、
 2回目とのこと。
 このイベントの為に、すごく多くの人達がかかわって、
 いつしか、みんなでイベントを成功させようと
 同じ方向を向いていたように思う。
 様々なアプローチの仕方はあるだろうけども、
 企業の経済力は、すごい力がある。
 私も、そういった意味でこれからも、
 頑張らないといけないと思ったな。

 被災地の現実は、まだまだ大変厳しいとのことだが、
 地元の課題を考え解決していく新しい力は着実に
 育っています。
 このつながりを大切にして、生徒諸君が将来、
 どんどん活躍してくれたら、本当嬉しい。

いつまで見れるか分かりませんが、
 NHKニュースです。
 ↓
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130714/k10013034361000.html


posted by hide at 09:57| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

AGMLランニング。

 新橋で飲む。ニュー新橋ビルで飲む。銀座のクラブで飲む。
 朝帰りみたいなことになる。
 春がなんだか物凄い剣幕で怒り、雰囲気は非常に重たい。
 そしたら、なんだか胸がキリキリと痛みだした。
 今までにない痛み方だったけども、
 寝てないのがいけないと思い、寝る。
 起きる。まだ、痛い。キリキリとずーと痛い。
 
 近くの内科クリニックに行って相談。
 レントゲン、心電図を撮ってみたが異常はないよう。
 そしたら先生、昨日、刺身食べた?と聞く。
 一軒目の店で食べた。北海道のサケ、イカ、サバなどの
 刺身を食べた記憶がある。
 もしかしたら、アニサキスがいるのかもしれないという。
 アニサキスは、サケ、イカなどに寄生している回虫で、
 稀に一緒に食べてしまうと、そいつが食道や胃をかじり、
 激しく痛むだという。
 うそーん。
 治療は、内視鏡(胃カメラ)を入れて検査し、アニサキスがいれば摘出する。
 すると嘘のように痛みがなくなるらしい。
 実は、胃カメラは今までしたことがなかったけど、
 原因がわからない痛みが続くのは嫌だ。
 覚悟を決め、診てもらうことにした。
 
 液体の薬を飲み、喉に麻酔をかけ、注射を一本腕に打つ。
 そしてマウスピースをくわえて、胃カメラをグイグイと
 口の中に入れていく。
 モニターに映しだれる、私の食道・胃。
 赤くてブヨブヨしていて、湿っていて気持ち悪い。
 けども、私の体の中。初めてみたよ。
 涙目になりつつ感動。
 アニサキスを探す。探す。
 小型カメラが、どんどん奥の方に入っていく。
 しかし、小型カメラの技術もすごいね。
 エプソン社製だった。
 所々で、シュッと液体を発射して、なんらかの処置。
 たぶん、10分位で終了したのかなあ。
 
 結果、診断は急性胃粘膜障害(AGML)というものだった。
 アニサキスはいなかったらしい。
 AGMLは、胃の粘膜が、ただれたり、赤くなったりして、胃痛を起こす
 病気らしい。
 原因は、ストレス、薬剤の投与、アルコールの摂取など。
 思い当たるは、ストレスかね。アルコールはいつも飲んでいるもの。
 思えば、ここのところいろいろあったが、意識している
 以上に身体がストレスを感じているということなのか。
 まあ、とにかく病名がわかってよかった。
 治療方法は、薬の服用で大丈夫みたいで、痛み止めを
 含む3種類の薬をもらった。
 食道の写真付きのグロテスクな検査報告書をもらったので、
 花やノンに見せたら、けっこう興味深く見入ってたな。
 
 というのが金曜日。
 土曜日は午前中、おとなしく寝て、療養。
 日曜日には、
 時々痛みがひどくなるけど、痛み止めを飲むと
 なんとかなるので、
 江の島から134号を通り、稲村ヶ崎からトレイルに入り、
 大仏天園と抜けて、港南台へ出るという24k走を
 してきた。
 やはり本調子でない。
 けども、あの辺りの風は本当に気持ちいいな。
 で、月曜日。夜には、富士山へ向かう予定に
 していたけども、AGMLが完治していないということで
 延期にした。
 富士の環境はまったく厳しいものなので、
 まあ、仕方ないか。
 そのうち、行けるのだろ。
 
 そんなAGMLな日々。
 
 
posted by hide at 05:46| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

246多摩川お台場ランニング。

 7月。
 今年も、半分が過ぎた。
 この調子であっという間に、大晦日を迎えることだろう。
 まったく時の流れは速い。
 そんな折だが、徐々に走る時間が増えてきて、いい感じだ。
 ここのところのランは、
 ルート246アップダウンランや、
 多摩川ラン、お台場ランニングコースランなど
 なかなかバラエティに飛んでいる。
 調子がいいじゃないか。

 ルート246ランは、中央林間から渋谷方面へ246号を走るラン。
 この辺りは、丘陵地帯なので、緩やかなアップダウンが続く。
 意外とタフなコースで、走るとけっこうバテる。
 車もゴーゴー走り、排気ガスも騒音もすごい。
 何もわざわざ、そんなコースを走らなくてもいいのだが、
 少しでも走力をつけたいと思う健気なランナーは
 自然と脚が向かうのだ。
 上りは、思い切り駆け上がり、下りは脚の衝撃が大きいので 
 慎重に走る。
 田園都市線の市ヶ尾まで行って引き返してきて、だいたい23k。
 イエイ。

 そして、多摩川ラン。
 晴れた平日の午前。 
 ちょっとした用事の関係で、二子玉川駅から多摩川下流域方面を走った。
 多摩川の河川敷は、解放的で気持ちいい。
 丸子橋のあたりの多摩川は、水がせき止められていて、流れが緩やかで
 水面に空と雲が映り込み、無限に広がる風景を見ることができる。
 そのまま下って、羽田まで行ってもいいのだけどもやめて、
 田園調布のあたりを走る。 
 超高級住宅街。いい街ですわ、ホント。
 何かの力にせきたてられ、ランスピードが若干上がりつつ、
 九品仏浄真寺等々力渓谷などを巡り、二子玉川駅に戻る。
 だいたい12k。
 
 で、お台場ランニングコースラン。
 今度は、曇りの平日。
 東京都がランニングブームを背景に、ランナーを
 呼び込み、お台場地区を活性化させようと、ランニングコースを整備。
 実際に走ってみると、距離表示はあるし、道はフラットだし、
 レインボーブリッジ実物大ガンダム自由の女神像南極観測船「宗谷」
 などなどキャラが溢れているし、なんか楽しい。
 なんといっても、潮風を感じながら海を眺めつつ走るのが気持ちいい。
 まあ、しかし、お台場は埋立地とのことだけども、
 よくもまあ、ビルだとかマンションだとか商業施設だとか森だとか
 作れるものですよね。人間の力ってすごいですよね。
 などと思いを巡らしつつ17k。
 平日の昼間だったから、ランナーは私位だったね。

 という感じのランあれこれ。
 秋のハセツネ湘南国際に向けて、走力を上げていきます。
 
 後、富士山
 山開き直後の7月2日に登ろうと画策しておりましたが、
 事情があって流れてしまいました。
 で、今度は、7月8日(月)夜から7月9日(火)昼にかけて登ろうと
 画策しております。 
 お時間のある方がいらっしゃったら是非。


 
 
 
 
posted by hide at 03:58| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする