2011年09月25日

ホシヲプレゼンツ 南高尾山稜トレイル。

 9月24日土曜日。
 ホシヲプレゼンツ南高尾山稜トレイル。
 少し肌寒く感じたけど、キレイな秋空。
 絶好のトレイルランニング日和。
 参加メンバーは、ホシヲさん、ハンサムネコさん、
 さぶろうさん、えせイタリアーノさん、SRCのMさん、
 shokiさん、私の7名。
 すごいメンバーだぜ。
 コースは、高尾山口から、草戸山、大垂水峠、
 城山、高尾山とめぐり高尾山口に戻ってくるという
 約16キロのルート。いつも高尾でなく、南高尾。
 そんなルートもあるのね。奥が深い。

 朝8時。スタート。
 最初、えせイタリアーノさんがリードしてくれた。
 グングンと山の中に入る。早足で登り、やがて走り出す。
 えせイタリアーノさんは、ニューバランスの
 ミニマスを履いていた。
 トレランシューズでなく、裸足シューズ。
 なのに、すごいスピードでゆく。颯爽とゆく。
 かっこよかったなあ。

 時折、秋のさわやかな山風が吹いて気持ちいいのだけど、
 先日の台風15号の猛威で、沢山の山の木がなぎ倒されていた。
 ルートも時折ふさがれていて、大きな木をまたいだり、
 くぐったりして進む。いやはや、すごい。
 そのかわり、木々の葉がたくさん落ちて、路に敷き詰められていた。
 それが、やわらかくて、フカフカして、実に足にやさしい。
 気持ちよく進む。

 途中から、ネコさんがリードしてくれた。
 ルートどりや、山の走り方を教えてくれた。
 ホシヲさんといっしょについていく。
 ホシヲさんは、ものすごくパワフルかつ
 ダイナミックな走りを展開していたけども、
 城山へ登る道では、杖をついてました。
 その落差が、やはりダイナミック。
 
 大垂水峠では、近くに清流が流れていて
 そこで顔を洗って休んだ。
 イタリーノさんが、防水デジカメで、水の中の
 写真を撮っていた。いいな、あれ。
 大垂水峠から、城山までは急な坂道で登山。
 でも、一行の進むスピードは速い。踏ん張りつつ進む。

 で、ようやく城山山頂。
 天気がよくて、関東平野がグワーと見渡せた。
 どこまでも広がる青い空に、広がる大地。
 心も広がる。
 そして、みんなでランチタイム。
 お茶屋で、さぶろうさんレコメンドのなめこ汁(250円)
 をいただく。
 秋だねえ。うまいねえ。
 カップリングは、紅鮭のおにぎり。
 はずすわけがない、おいしさ。
 よもやラン話をしながら、のんびり。
 いやはや、平和。
 充分、休憩をとって高尾山口をめざす。
 えせイタリアーノさんと、SRCのMさんは、さらに
 景信山をめざすとのことで、ここでお別れ。
 
 ここから、高尾山を経て、稲荷山コースを通って
 下山したけども、登山者やハイカーで大渋滞。
 登る人も下る人も大変。
 ハイシーズンの高尾は、午前中の早めの行動でないと
 ダメだねえ。
 で、1時過ぎ高尾山口到着。
 意外と疲れた。けど、充実。
 さぶろうさんは、足の捻挫がまだ完治していなくて 
 大変そうだったけども、顔はものすごく笑顔。
 今日、初めてお会いしたshokiさんも笑顔。
 私も無事で戻ってこれて、うれしかった。
 なかなか充実したトレーニングとなった。

 その後は、ふろッぴィに行って、お風呂。
 ブクブクの泡ぶろとか、露天風呂にプカプカ浮いて
 気持ちいいこと、この上ない。

 参加された皆さん、いろいろお世話になりました。
 ありがとうございました。
 楽しかったです。
 また、次回、是非、ご一緒させてください。
 
 
 
 
 
 
 
posted by hide at 08:54| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

伊勢崎ランニング2011。

 群馬県は伊勢崎に出張。
 昨年の9月も、この街に来た。 
 1年なんて、あっという間だなと
 思いつつ、朝ラン。
 
 朝5時に、駆けだした。
 台風15号が接近しているが、
 雨は降っていない。
 けど、曇り空。湿っている。
 ホテルから、国道462号線を南下して、
 利根川に架かる坂東大橋を渡り、戻ってくる
 ルート。基本的に直線。7k南下して、
 7k北上する。
 このコースは、昨年の伊勢崎ラン
 同じコース。
 広がる景色は、あまり変わってないように
 思えた。
 キロ6分位のペース。
 やがて坂東大橋に着く。
 この橋は、やたら大きい。
 風を感じつつ、約1キロの長さの橋を渡る。
 利根川は、水かさが増していた。
 そのうち、雨が若干降り出しミスト状態。
 何人かのランナーとすれ違い、軽く会釈。
 普段と違った場所を走るのは、新鮮でいい。

 ホテルの周辺には、伊勢崎の飲み屋街があったが、
 これが、ほとんどが昭和時代に建てられた建物らしく、
 けっこうさびれている。
 ブラック・キャット、演歌劇場「絆」、サラダガール…、
 などと古びた看板とともに、重い扉。
 きっと非日常的な空間が広がっているのだろうけど、
 ちょっと怖い。
 今夜も、泊まるから夜また様子を見に行ってみようか。
 多分、入らないけど。
 飲み屋街の先には、伊勢崎神社という立派な神社。
 1212年創建とのこと。本殿のたたずまいが堂々としてた。
 空気が澄んでる。神妙にお参り。
 
 という、伊勢崎の朝。1時間30分のなかなかのランタイム。
 今日も頑張ろうかね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by hide at 08:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

まだまだランニング。

 すでに9月も下旬にさしかかり、
 11月の湘南国際、つくばの開催が
 どんどん迫っている。
 ここのところ、きちんと走ってなかったし、
 本番に向けロング走でもやるかと、
 30kmキロ5分ペース走をした。

 朝4時。フィールドに立つ。
 陽が出るのが遅くなり、辺りはまだ闇。
 今回のコースは、いつものさかい川。
 さかい川を南下し、適当なところで
 折り返してくるルート。
 さかい川には、1キロもしくは0.5キロごとに
 距離表示があって、ペースを確認するのに便利。
 
 けっこう気合い入れて走る。
 意外と行ける。
 キロ4分30秒位のスピードで15km位まで行けた。
 空は、朝焼けのグラデーション。
 高いところを流れる雲が、ピンク色に染まっている。
 一瞬、心奪われるが、すぐにランに集中。
 というか、ある程度のスピードを超えると
 走りのことしか、考えられなくなる。
 このペースで大丈夫か、まだ、ヒザは痛くないな、
 呼吸を整えろとか。

 折り返した頃から疲れが出てきた。
 本番をイメージしてゼリー飲料を飲んだけども、
 パワーが出なくなってきた。
 徐々に、スピードが落ちていく。
 それでも、22km位までは、キロ5分のペース。
 それ以降は、キロ6分位にペースダウン。 
 かなりつらい。
 グダグダ。
 スピードを出したくても出ない。
 さらに、右ひざ外側付近の筋が痛み出す。
 練習でケガしてもつまらないので、
 28km地点で、ラン終了。
 時間は、ちょうど2時間20分。
 全体としては、キロ5分のペースを維持できたけど、
 中身は、前半元気、後半グダグダ。
 フルマラソンの距離は、この先14kmもある。
 おいおい。大変なことだぜ。

 まあ、原因としては、もともと
 スタミナ不足もあるが、水やゼリーなどを
 効果的に摂取しなかったことがあるかもしれない。
 水は、10kmごとに飲んだが、ゼリーは
 走り始めて90分位のところで1回飲んだだけ。
 感覚的には、1時間に1回はゼリーを摂取した方が 
 いいと思う。根拠ないけど。
 そもそも朝ごはんを食べずに走っている時点でダメ。
 そんなのでパワーが出るわけない。
 ヒザ痛は、ここのところまったく感じなかったのだけど、
 スピードを出して、長時間走るってのは、
 予想以上に、相当の負担がかかる。
 やはり、クッション性能の高いシューズがいいのかね。
 私の場合。
 ヒザ痛は、モーラステープを貼っておいたら、痛くなくなったけど。

 いやはや、42.195kmってのはすごい。
 完走も危うい中、サブ3.5なんて遥か夢の夢。
 まだまだ、蒼い私の走力。
 焦がれるぜ。

 
 

 
 
 
posted by hide at 09:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

ビアビレッジ・ランニング。

 横浜の生麦にあるキリン横浜ビアビジッジをめざしてラン。
 中央林間から、八王子街道をグワワと東に走り、
 やがて東海道に入り、しばらく川崎方面へ行くと着く。
 だいたい24キロ。
 目当ては、キリン横浜工場の見学と、
 鮮度抜群のできたてビールの試飲。
 朝の6時30分に颯爽と家を出るぜ。
 遥か遠くにあるビール工場に思いをはせながら。
 まったく、朝からビールのことを考えているのも
 不謹慎な気がしなくもないが、関係ないぜ。

 朝だが八王子街道には車が溢れていて、
 ゴーゴーとうるさい。
 さらに、今回は、i-podで音楽を聴きながら
 走ったので、騒音の上にミュージック。
 けっこうテンションが高い。
 途中、街道沿いの神社にお参りをしたりしつつ
 キロ6分位のラン。
 やがて、天下の東海道に出る。
 さすが、東海道。道が広いぜ。

 で、9時頃、ようやくキリンビアビレッジに到着。
 一週間ぶりのランで走り方を忘れたのか、
 けっこう疲れた。ヨレヨレ。
 しかし、私には、鮮度抜群のビールがある。
 元気が出ないわけがない。
 見学は、10時からだったので、
 のんびりと生麦の街を散策。
 約150年前に、世にいう「生麦事件」が
 起きた場所。資料館があったが
 まだ、やってなかった。
 後、生麦というと麦芽を連想し、ここに工場を
 かまえているキリンビールとの因果関係を
 知りたくなるが、そこには特段のつながりは
 ないとのこと。ふーん。

 10時になったので、見学開始。
 10名位が一団となって、スマイルフルなスタッフさんの
 説明を聞く。
 製麦・仕込・発酵・貯蔵・ろ過・缶詰め・出荷の
 行程がよくわかる。
 大きな仕込み釜や濾過機がなかなか格好いい。
 すごい技術力なんだろうなあ。
 普段、いただいているビアはかくも手間を
 かけて作られていることが、よくわかった。
 横浜工場では、一番搾りとラガーを主に
 製造しているらしい。
 そして、いよいよ出来立てビールの試飲。
 ここでは、1人3杯も好きなビールが飲める。
 ただし、一杯目は、一番搾りでないといけない。
 自信があるのだ。
 言われるままに、いただく。
 素直にうまい。
 仕込み釜を眺めつつ、いただくビアはなかなか
 雰囲気があっていい。
 そして、スタウト、ラガーと続けて、のどごしを
 楽しみつつ、スッといただいた。
 午前中から、おいしいビールを味わい、
 すでに心が満たされた。
 キリンビアビレッジは、とても広く、
 緑も多く、水がたくさんあって、実に
 気分のいい場所でした。
 さすがだなあ。

 帰りは、電車を使う。
 夏を思わせる青い空と白い大きな雲。
 気温が、ぐーと上がって、もはや走る気も
 起きない。
 ほろ酔いで、フラフラと中央林間。
 花が、バッタをつかまえて虫かごで
 飼っていた。霧吹きで、シュッシュッとしている。
 楽しい日だ。

 
 
 
 
posted by hide at 09:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

ビアをめざして。

 仕事で巣鴨。
 おばあちゃんの原宿と言われているとおり、
 巣鴨地蔵通り商店街には、ご老人が多い。
 時の流れがのんびり、ゆったり。
 露天で、ステテコを売る店や、かつらを売る店がある。
 なかなか。

 そんな日々だが、走る時間がない。
 何かと忙しく、走らないまま、あっという間の週末。
 まったく。
 だけども、明日の土曜日は走ろうと思う。
 午前中、時間がある。ホホホ。
 バシッとハードトレーニングでもいいのだけど、
 ちょっと気分を変えて、ゆったりと走ろう。

 中央林間から、八王子街道を東に約24キロ行けば
 キリン横浜ビアビレッジというビール工場がある。
 そこでは、ビアの製造工程を見学することができ、
 さらに、できたてのビアが試飲できるというのだ。
 ビアがあれば幸せという私にとって、なんとも魅力的かつ
 魅惑的な場所だ。
 そんなハッピープレイスをめざして走ろう。行こう。
 ビアとラン。いいね、いいね。

 話は変わり、密かに申し込んでいた
 世田谷246ハーフマラソンの抽選結果が届いた。
 で、今年も落選。
 オイオイ。
 これで3年連続の落選。
 玉川高島屋の前を、ドーンと走りたいと思っていた
 私は、一体、どうすればいいというのだ。
 悲しく切ない。
 まあ、いくら嘆いても、そりゃ、仕方ない。
 抽選だもの。
 ま、いいか。

 9月に入って低空飛行が続いている感があるが、
 ここからスーッと高度を上げて行くつもり。
 頑張ろう。
 
 


 
posted by hide at 08:48| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

季節は変わる。

 日曜日。
 本当なら、グワワッと実りのトレーニングを
 しているはずなのに、どうも、ここのところの
 ランナーズ疲労のせいで走る気がしない。 
 まったく。

 それでも、昨日は、ヨレヨレと海軍道路を走った。
 キロ6分位で、のんびりと。
 春に花を咲かせ、夏に涼しげな木陰をつくっていた
 桜並木だが、なんと、葉が黄色に色づきはじめていた。
 そうか、そうか、もう秋なのね。

 で、しんみりとしていたが、
 今日は、一転、暑くて、蝉がミンミンと鳴いて
 くっきりとした青空に、白い雲がモクモクとしてた。
 まるで夏。
 でも、もう秋。私は、昨日、紅葉を見たのだ。
 こんな空も、来年まで見れないのかと思うと 
 さみしくなる。
 走ることもしないで、ぼんやりと空を見上げてた。

 花は、学校で使っている上履きを毎週持ち帰ってくるが、
 それを洗うのは私の仕事。
 家先で、洗剤をつけて、ゴシゴシと洗う。
 ついでに、ランニングシューズもゴシゴシと洗う。
 なかなか、さっぱりとして気持ちいい。
 走らない時は、ゆったりと道具のメンテナンス。
 それも、またいいね。

 という、この頃。
 若干、疲れ気味ではあるが、
 そのうち上向いていくだろう。
 まあ、あせらないで行きますか。
 シュワッ。
 
 

 
posted by hide at 20:30| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

9月はどうなる?

 富士山登山や名古屋ランで張り切り過ぎたらしく、
 ここのところ若干、身体がだるい。
 若干、倦怠感が漂う。
 これが、ランナーズ疲労という奴か。
 って、そんなのあるのか?
 ただの疲労だ。
 
 9月も、すでに第2週に突入した頃ではあるが、
 8月の走行記録。
 走行距離302q。富士山を加えると321q。
 あっという間に、8月も過ぎてしまい、
 走力がアップしたかはわからないが、
 皇居、恩田川、日産スタジアム、善光寺、
 松代、さかい川、サザンビーチ、大山トレイル
 などと、いろいろな場所を走ったので
 楽しかったね。
 トレーニングメニューとしては、
 ほとんどがペース走で、時々1000mインターバルや
 トレイルランをしてみた。
 そして、富士山トレーニング。富士の絶景に
 興奮しどうしだったが、足腰は鍛えられているはずだ。
 月間300という数字に、どれ位の意味が
 あるかわからないが、前進していることを信じる。
 実感が伴わないところが、もどかしいけども、
 そう信じる。

 で、9月。
 このところ想いを熱くしている
 「湘南国際」と「つくば」の2ヶ月前だ。
 なんだか焦燥感だけがつのるが、
 腰を落ち着けた力士のようにすり足で
 進む覚悟だ。なんだかよくわからないけども。
 時間を確保して、30キロのペース走を、
 2回ほど出来たらいいなあ。
 後は、インターバルも積極的にやって
 スピード感を醸成させたい。醸成などと
 わざわざ言わなくてもいい。
 レースまでの残り時間は少ない。
 しかし、時間は貴重だけど、焦らず無理をせず
 走る心づもり。

 12月4日、第31回横浜マラソン(ハーフ)にエントリー。
 昨年も出場。 昨年のタイムは、1時間35分25秒だった。
 90分を切ろうと目論んだが、無理だった。
 今年は、つくばの一週間後だけど、まあ
 なんとか、なるだろう。
 やはり目標は、90分。
 待ってろよ、本牧ふ頭。

 

 
 
 
posted by hide at 08:45| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

名古屋ランニング2011夏。

 名古屋に出張した翌日、有給休暇。
 名古屋で平日にフリー。
 自由だぜ。へへへ。
 走ることにした。
 
 まずは、朝、ホテルの朝食を食べた後、
 名古屋城周辺をラン。
 栄のホテルから、久屋大通りを北上し、
 名城公園の1.3キロの周回コースを2周。
 さらに、金の鯱鉾の名古屋城を遠目に見ながら
 名城公園の外周道路をぐるり。
 約10キロ。
 ホテルに戻り、シャワー。
 のんびり11時にチェックアウトして、
 さらに走るために、
 名古屋のランニングステーション「RUN UP」に行く。
 今度は、広小路ストリートを東に進み、
 東山公園をめざしてラン。
 栄から新栄、千種、今池、東山と
 名古屋の街を次々と越えていく。
 街の色合いが、それぞれ違うので
 なんだかワクワクする。楽しい。
 東山公園は、広い森林地帯で、
 園内には、約6キロの「東山一万歩コース」という
 トレイルがある。(「名古屋ランニングジャーナル」
 のこちらの記事を参考にさせていただきました)
 適度にアップダウンがあって、緑の中。
 とっても広々として、気持ちのいい場所。
 ゆったりとトレイルランを満喫。
 昼時の暑い時間だったが、スピードを出さないで
 ゆっくりと走ったので、それほどキツくはなかった。
 平日の昼間、しかも普段生活している場所から
 遠く離れた名古屋をゆったり走れるなんて、
 なんて幸せなんでしょ。
 行き6キロ。東山公園6キロ。帰り6キロの
 約18キロのラン。
 朝のランが約10キロだったので、合計28キロ。
 けっこう走れたねえ。

 その後は、特段の予定もなく、
 「JAZZ&COFFEE YURI」というお店で
 JAZZを聴いた。今は懐かしいLP盤のJAZZ。
 曲目はわからないけど、伝わってくる振動が気持ちいい。
 そして、昨日に引き続き、らーめん王のさぶろうさんのお薦めの
 「味仙」に行った。昨日は、あさり麺。今日は、台湾らーめん。
 どちらも、ものすごくうまい。店は、まるで中国の大衆食堂。
 威勢よく中国語で注文が飛び交い、なんだか、やたらと元気になる。

 そんなことをしていたら、あっという間に夜。
 暗くなってきたら、急にさみしくなってきたので
 ちょっと足早に、家路についた。
 しかし、まあ、とても楽しくうれしい時間だったぜ。
 
 で、9月。
 もう9月。
 ぼちぼち秋。
 いよいよ、人生初のフルマラソンの大会が近づいてきた。
 ふー。
 いい感じの緊張感だ。

 
 


posted by hide at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする