2011年06月30日

涙の神戸マラソン。

 神戸マラソン、落選。
 抽選だとは知っていたが、なぜか
 走る気が、みなぎっていたのだ。
 PCの画面で「落選」の文字を見た瞬間、
 世の中が黒灰色になった。
 ズゥーンと重たい音がした。
 退廃的・虚無的・厭世的な気持ちになった。
 わなわなと悲しくなった。泣きたくなった。
 そうか、第1回神戸マラソンを走ることは
 できないのか。
 悲しい荒野のような現実が目の前に広がっている。
 もう走らない。
 
 と、まあ、多少、ショックを受けたみたいだけども、
 落選は落選。
 諦める以外にない。
 縁があれば、いつか走れることもあるだろう。
 
 しかし、私はこんなこともあるかもしれないと、
 セーフティネットを築いていた。
 実は、今年は、つくばにエントリーしているのだ。
 ほほほん。
 ということで、11月27日は、つくばの地を走ります。
 こちらは、ランナーの間で、とても評判の高い大会。
 ここを走れることは誉。
 うれしいではないか。
 よいではないか。グレイトではないか。
 神戸なんか、もはや、まったく気にならない。
 
 と、喜んではみたが、
 なんとなく、後ろめたい気がする。
 それはなぜか?
 もし神戸に当選していたなら、日程の関係で、
 つくばをキャンセルしていただろう。
 にもかかわらず、神戸がダメだったので、
 つくばでの出場権にすがりついている。
 つまり、行動に一貫性がなく日和見的だからだ。
 大軍を率いる大将がする行為ではないからだ。
 二人の女の子に同時に告白しているような
 後ろめたくズルい行為。
 あちらがダメだったら、こちらでよろしくみたいな。
 まあ、私は、極寒の荒海でマグロを一本釣りするような
 男の中の男ではなく、リスクマネジメントという名の
 もとに、チョコチョコと抜け道をつくる狡い男だったのだ。
 トホホ。
 
 マラソンの神様、許して下さい。
 
 というわけですが、
 2011年11月は、湘南国際とつくばを走ります。
 一所懸命・不退転の覚悟で走ります。
 
 
posted by hide at 17:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

ピアノ・ランニング。

 花のピアノ発表会。
 通っているお教室のリサイタル。
 花は、この日に向けて、時に涙しながら
 頑張ってきた。
 花の曲は、アラベスク。
 緊張しているかと思いきや、堂々とノーミスで演奏。
 やさしいメロディ。
 すごい、よかった。
 さらに、春と花の親子の連弾もあった。
 春と花は、この日に向けて、時に大げんかをしながら
 頑張ってきた。
 連弾の曲は、アヴェ・マリア。
 こちらも、パーフェクト。さすが親と子。息がぴったり。
 感情が揺さぶられる演奏でした。
 
 そんなことがあって、愛と感動をいただいたので
 気合をいれてランニングしてみた。
 ウィークデーは、飲み会でビールばかり飲んでる
 パパだけど、ウィークエンドは、結構、走っているのさ。
 現時点での当月走行距離234キロ。
 5月は112キロ、4月は125キロだったので、
 意外とたくさん走れてるやん、という状況。

 ただ、しかし、その時のコンディションによって
 漫然と走っているだけなので、走力アップには
 つながっていないと思われる。
 調子がよければ、若干スピード上げて、
 疲れていれば、風景を見ながら、ゆったりジョグ。
 総じて、身体に負荷をかけていない。
 やはり、走力アップの為には、
 インターバルやビルドアップなどの、科学的なメニューを
 トレーニングに組み込む必要があると思われる。
 更に、時には、キロ5分のペースを守り、どこまで行けるのか
 というような忍耐ランニングも必要だろう。
 現状は、「今度やってみようかな?」と、とぼけて思っているだけで、
 実行に移さないアマちゃん状態。
 いかんではないか。だめではないか。
 11月の湘南国際は、最低限きちんと走りたい。
 ようやくトレーニングに目覚めかけている私。

 アラベスクや、アヴェ・マリアの調べを胸に
 新たなランニングワールドに向かうのだ。行くのだ。
 
 そして、私も、花やノンと連弾をしてみたく
 なったので、ピアノを習うことにしました。
 先生は、当面は春にお願いします。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by hide at 09:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

ボディ・リセットランニング。

 どういうわけか、この6月は飲み会が多い。
 すでに、10セットの飲み会をこなし、
 来週の月曜日に、もう1セット予定されている。
 主に新橋や銀座で飲んでいる。
 多いやん。
 毎回、毎回、ビールをたくさん飲むので
 瞬間的に、ごきげんではあるのだけど、
 身体にとっては、あまりよくはない。
 アルコールなど適度の摂取でいいのだ。
 しかし、まあ、たまにはいいか。
 夏ということで。
 甘えちゃおうか、ねえ。という今日この頃。

 そういう感じで、連日、飲み歩いているので
 ランをしていない。
 が、今日は、休みだ。
 フリーだ。走ろう。イエイ。
 ということで、朝からランニング。
 朝7時に、家を飛び出した。
 すでに太陽がギラギラ。今日は暑い。
 ちょっと走っただけで、汗がブワッーと出てくる。
 しかし、それが、お酒にまみれた
 自堕落的な生活から抜け出せる気がして気分がいい。
 身体のリズムがもとに戻る。
 もうビールなどいらないのだ。フハハ。
 と、喜びながら走る。
 そんな朝の13キロラン。
 いつものさかい川コース。
  
 秋には、湘南国際もある。
 この夏は気が抜けない。

 
posted by hide at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

霧雨あじさいランニング。

 相模緑道をひた走る。
 朝の4時。
 霧雨が舞う。
 あじさいが美しい。
 雨とあじさいは合う。
 しっとりとしていることこの上ない。
 幽玄。
 緑道の脇の草木が、どんどん伸びている。
 あじさいといい、草木といい
 色が鮮やか。
 自然の生命力を感じる。
 未だによくわからないけど
 いろいろな種類の鳥のさえずりが
 聴こえる。
 素晴らしい声だと思う。
 
 家から相模緑道を北上していくと、
 やがて「木もれびの森」に着く。
 森の中を、緑道が突き抜けている。
 緑のトンネルを走るのもいい。
 その先には、淵野辺公園
 ここには、1周1.7キロのジョギングコースが
 ある。ここを1周まわる。
 土のコース。足にやさしい。心地いい。
 さらに、淵野辺公園の先には、
 JAXA宇宙航空研究開発機構がある。
 惑星や銀河のことを研究しているところだ。
 昨年は「はやぶさ」に心震えた。
 あれから1年かあ、早い。
 などと思い、折り返す。
 そして家をひたすらめざして走る。
 
 距離は、18キロ位。
 時間は、1時間45分位。
 気持ちのいい環境の中、
 朝の空気をたくさん吸い込んで
 走ると元気が出てくる。
 いいよなあ。

 今日は、花とノンを連れて
 東京ドームに野球を観にいく予定。
 巨人−西武戦の観戦。
 これまた、楽しいだろう。
 フフフフ。
 
  
 
posted by hide at 07:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

皇居RCランニング。

 法人のランニングクラブ(RC)練習会に参加。
 フライデーナイトの皇居を2周。
 10名程で、タッタカターと走る。
 普段はひとりで走っているので、たまに
 おしゃべりしながら走るのは楽しい。
 聞けば、湘南国際を走るとか、その後の
 つくばは出る価値のある大会ですとか、
 ビブラムファイブフィンガーズ
 練習するのもいいですよとか、
 サブスリーペースは415(キロ4分15秒)が
 基本ですなどと、いろいろ教えてくれる。
 まだまだ自分は知らないことも多し、
 経験していないことも多いということがわかる。
 いやはや、これからが楽しみだな、実に。
 などと考えて走った約55分の皇居ランニングの夕べ。
 金曜日の夜ということで、たくさんのランナーが
 走っていました。
 
 その後は、みんなで神保町のとある南欧料理屋で
 食事とお酒。
 笑顔で、琥珀色のビール。
 いやあ、うまい、うまい。
 トマトののったガーリックトーストや
 魚介のはいったサラダ、黒豚のグリル、
 チーズフォンデュ、魚介のはいったスパゲティ
 その他いろいろ。
 なんか全部、うまい、うまい。
 でもって、ランニングについての会話。
 素晴らしい。
 
 私のランニングワールドが少し広がった
 感じがした夜でした。

 シュバっ。


 
 
 
posted by hide at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

湘南国際エントリー!!

 6月12日22時より、第6回湘南国際マラソンの
 エントリーが、RUNNET上で行われました。
 密かに出場を決めていた私でしたが、当日は、
 天王洲アイルで同僚の結婚式があり、そのまま
 浜松町で2次会という流れ。
 22時頃には大いに酔っていて、
 いやはや人生はつらいけどよお、
 頑張っていこうじゃないかあー、ねえ君。などと
 ニコニコして言っていたのでした。
 とか言いながら、一方で、エントリーせねば
 ならないことはわかっている。
 一応、パソコンを持参した。
 2次会の席上でPC立ち上げるのは、ちょっと
 気が引けたので、レジの前のスペースに移動して
 RUNNETに接続。
 最近のRUNNETの申込画面では、接続が殺到した時には、
 待ち人数が何人で、後どれ位の時間で次の画面に
 いけるのかを教えてくれる。
 酔っていたので、よく覚えていなけども
 確か、18,000人位が待っていて、次に進めるまで、
 10,000秒位だったかと思う。
 呆然として、しばらく画面を眺めていたが、
 やがて「だみだ、こりゃ。」とつぶやき、PCを
 閉じて、再び飲み。
 で、最終電車近くまで飲み、中央林間。
 一旦は、あきらめたものの未練はある。
 シャワーを浴びた後、再び、PCを開きリトライ。
 で、待ち人数35,000人ほど。
 オイオイ。ありえない。
 加熱するエントリー合戦。
 出場人数を大幅に超えている。
 一体、どこにそんな走りたい人がいるのか。
 ま、縁がないのだ、仕方ない。
 などと考えているうちに熟睡。
 で、次に意識が戻ったのが、朝方4時30分。
 PCは、健気に働いていた。
 なんと、RUNNETで「次の画面」に進んでいたのだ。
 寝ぼけつつ、それでも、ここで失敗したら
 全てが台無しだと慎重になりつつ、エントリー画面に進む。
 希望の光を微かに感じて、必要項目を入力。
 でもって、無事、エントリー完了。
 フルマラソンの部に出場できることになりました。
 しかし、昨夜の35,000人待ちの人が申し込めば
 出場枠はすぐに埋まってしまうはずなので、
 どこか、きつねにつままれたような心持ち。
 まあ、いいか。紆余曲折があったが、縁があったのだ。
 走れることになったのだ。すごい。
 
 
 2011年11月3日。第6回湘南国際マラソン
 初めてのフルマラソン大会だ。
 大いに胸が高鳴る。
 駆け抜けるよ。

 出場される皆様、楽しみですね。
 


 
 
 
 
posted by hide at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

雨音ランニング。

 週末。
 雨。
 走れないじゃないか。
 
 先週の日曜日、ノンと二人で不二家レストランに行き、
 ケーキをたくさん食べてさ、
 火曜日に、新橋の新正堂の切腹最中と栗豆大福を食べてさ、
 水曜日に、キムラヤ(パン屋さんでない)のマドレーヌと
 チョコ焼菓子を食べてさ、
 木曜日に、数寄屋橋の不二家の銀座ロールを
 お土産に買ってきて食べてさ、
 なーんてことをしてたら体重増加傾向。
 
 なので、シュッと走りたいのだけど。
 まあ、仕方ないか。

 今日は、とあるピアノ演奏会に家族で行く。
 雨音とピアノの音色はあう。
 しっとりと、楽しみ。
 昨日は、銀座のJAZZ COUNTRYで、
 ジャズのレコードをたくさん聴いたし、
 うれしい時が続く。

 予報では、午後には雨がやむらしい。
 夜は走れそうだね。
 
 
 
posted by hide at 08:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

ペコちゃんランニング。

 爽快な鎌倉江ノ島ランニング20キロの翌日からは
 地元、中央林間周辺のランニングに注力。
 土曜日の朝に、相模緑道を北上して
 淵野辺公園に行き、引き返してくる17キロ。
 夜に、近所の大和緑道(大和歩行者専用道)を走る10キロ。
 日曜日の朝に、長津田恩田川を走る13キロ。 
 夜に、いつもの境川を走る13キロ。
 家を拠点として、北に南に西に東へと走った。
 この3日間で、73キロ。
 個人的には結構な距離だ。
 
 日曜日の昼は、ノンと、近所の不二家レストランで食事。
 5歳のノンは、スパゲティとポタージュ、そしてポコちゃんサンデーの
 まあバランスのとれたランチ。
 一方、大人の私は、昨年7月以来のケーキバイキング。
 ケーキのみの偏食。食育上も、躾上も、まったくなってないような気がするが、
 ほとんど発作的に食べてしまう。
 三角ショートやら、生チョコレートケーキやら、ペコちゃんプリンなど
 合計8個のケーキをペロリ。
 不思議だったが、ノンは私のケーキをあまり欲しがらず、
 自分のオーダーを嬉しそうに食べていた。
 で、当然、ちょっとやっかいな砂糖系のカロリーをため込んだわけで、
 その代償として、カロリー消化の為に夜な夜な走ることになる。
 この3日間は、けっこう走っていたので疲れていたのだが、
 まあ、仕方がない。
 食べ過ぎると走りたくなるランナーの衝動。
 日曜日の夜のしめくくりとして13キロの激走。

 ちなみに、春と花は別行動だった。
 浜松町にて劇団四季の「ライオンキング」を観賞。
 もともと我々もいっしょに行く予定だったのだけど、
 ちょいと別の予定が入り、残念ながら見送り。
 花は初めてのミュージカルに大興奮だったみたい。
 とても楽しんだ様子。
 ビジュアル、ストーリーなどもよかったが、
 特に音楽が生演奏だったことに感動していた。
 よかったねえ。

 という6月の上旬。
 なかなかラン的に充実。
 
  
 
posted by hide at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

鎌倉江ノ島ランニング。

 6月3日金曜日。
 有給取得。
 平日に休み。
 晴れ。

 鎌倉に行くことにした。
 鎌倉を走ってから、友達のAGと語りあいつつ街を
 散策するというプラン。
 
 朝7時、鎌倉駅。
 登校する児童がたくさん。
 会社に向かうサラリーマンがたくさん。
 だけども私は休み。
 たまには、こういうのがいい。
 
 ロッカーに荷物を預けてランニングスタート。
 由比ガ浜通りをぬけ、134号に出たらひたすら
 江ノ島をめざし、さらに鵠沼海岸の端まで
 行って引き返してくるという約20キロのコース。

 由比ガ浜通りには、骨董品やら古美術を扱う店から
 キラキラファンシーなアクセサリーの店や、
 蕎麦屋や甘味処などが立ち並んでいる。
 最近の建物から昭和モダンな建物や古い木造建築の建物
 までゴッチャゴッチャだ。
 でも、どこか懐かしい雰囲気を醸し出している。
 そんな中を、キロ6分くらいのペースで走る。
 やがて134号。
 海。
 潮の香りが広がる。
 胸いっぱいに吸い込む。
 キラキラの太陽の光を浴びる。
 ここのところストレスフルな毎日だったので
 こういう時間は本当に貴重だ。
 しかも、今日は平日なのに休み。
 時間を気にせず、ゆったりできる。
 いいではないか。うれしいではないか。
 稲村ガ崎を越えると、江ノ島が見える。
 その先に富士。まだ、頂上付近には白い雪。
 でも、湘南は初夏。
 海岸では、海の家の組み立てが始まっている。
 変な感じだ。
 ちょっと思い立って、砂浜を走ってみた。
 走りづらいけど、波打ち際は
 圧倒的に気持ちいい。
 走り始めて1時間位のところで折り返し。
 鵠沼海岸には、サーファーがたくさんいた。
 折り返したあたりから、身体のスイッチが
 入ったようで、スピードが上がった。
 どういうわけか知らないが、さっきよりも
 ランに集中して、進む。進む。鎌倉をめざす。
 で、無事、9時ごろ、鎌倉駅到着。
 気持ちのいい環境の中、ゆったりと走ることが
 できてスッキリ。
 
 その後は、雪の下に住んでいるAG宅を訪れ、
 シャワーを借りて、さらにスッキリ。
 では、では、今度は鎌倉散策をしましょうと
 いうこと出発。AGにもつきあってもらった。
 成就院で、咲き始めのアジサイを眺め、由比ガ浜を見下ろす。
 御霊神社で、鳥居の前を走る江ノ電に興奮する。
 一花屋という日本家屋カフェの縁側で、仕事の話などを語る。
 腰越に移動して、池田丸という地魚料理屋で、捕れたての
 ハナダイの焼き魚定食に舌鼓を打つ。
 鎌倉に戻り、小町のBar RAMで、ディランを聴きつつ音楽を語る。
 さらにUsusmi Barに行き、Jazzを聴きながら、マダムに鎌倉の話を聞く。
 そして、またBar RAMに戻り、Shyという名前のミュージシャンの
 弾き語りを聴く。
 Barでは、鎌倉の方々とたくさん話したが、みんなやさしい人だった。
 鎌倉の昼も夜も満喫。
 そして、夜の鶴岡八幡宮をゆったりと歩いた。
 
 なんというか盛りだくさんの一日。
 たまにこういう素晴らしい日もある。
 気持ちが充実して、元気になった。
 
 AG、お世話になりました。

 
posted by hide at 10:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする