2011年03月29日

福井ランニング。

 福井にいます。
 昨日の月曜日、この街に来ました。
 昨日は、なんと移動するだけで
 仕事はなし。基本的にフリーな一日。
 新横浜から、ひかり号に乗り、クリアで真っ白な富士山の頂きを
 仰ぎ見て、米原から福井、金沢、富山、直江津と
 続く、北陸本線に乗り換え。
 北陸の山間部を、ゆったりと抜けて、あっという間に福井
 途中、雪が残っていたりしましたが、日差しは
 確実に春。眩しい光に包まれた大地は、春の訪れに
 呼応して、隆々としていた。いいね。
 この街に来るのは、昨年に続き2度目。
 街を路面電車が走り、古い街並みが残っている。
 時間があったので、福井の市街地から少し離れた山奥にある
 「永平寺」に御参りに行きました。凛とした佇まい。
 ここで、毎日、お坊さんの修行が繰り広げられているのか。
 
 で、ホテルに戻り、福井の街をランニングすることに。
 街の中心を、足羽川(あすわがわ)という洒落た名前の
 川が流れていて、そこがランニングコースとして整備されている。
 晴れた空のもと、春先の空気をたくさん吸い込みながら走る。
 気持ちいいよ、本当。名前がわからないが、
 遠くに見える雪に覆われた山脈。爽快。
 さらに、近所を思うままに走る。
 福井には、昭和時代の建物や看板がいたる
 ところにあって、ノスタルジックさが色濃い。
 ちょっとした商店街の街並みもレトロだ。
 路面電車も、ゆったりと走っている。
 ちょうど、陽が暮れかける頃で、街がオレンジ色に
 染まっている。
 何とも言えない安心感に包まれて、タイムスリップした
 ような心待ちになる。
 
 いい気分で走っていたが、途中でヒザ痛発生。
 暗澹。
 左ヒザのお皿の上側。思えば、2009年12月頃も痛くなった。
 その後、約1年以上たって再発。
 ホントにねえ、まったくねえ。
 無理することもないので、歩く。
 たまたま目についた「竹内菓子舗」という
 佇まいのいい、和菓子屋さんに入ってみる。
 水ようかんとカステラを買って食べた。
 後で知ったけども、そこは5代も続くお菓子屋さんで、
 水ようかんも、カステラも大変人気のあるとのこと。
 代々受け継ぐというのも、すごい。5世代ですか。
 
 最後は、足羽山(あすわやま)に登って、福井の街を見下ろした。
 この山は、桜の名所で、満開の頃には
 さぞさぞ美しかろうが、今はまだ蕾。
 そして、この地は、かの豊臣秀吉が、柴田勝家の北庄城を
 攻めた時に本陣を張ったとのこと。
 本当なのかね。本当なら浪漫がある。
 今立っている場所から、福井の街を見ていたのね。
 
 福井ランニングは、途中からウォーキングとなり
 マラニック的な風合いを醸し出したが、
 天気にも恵まれて、とっても充実した時間でした。
 今週の金曜日まで福井に滞在しておりますが、
 明るい時に走れるのは、昨日が最後だろう。
 
 さて、後は仕事だ。
 うむ。


 
posted by hide at 18:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

夜明けのラン。

 また、夜中に目が覚めてランニング。
 スタートしたのは、3時半を過ぎた頃。
 節電により、道路の外灯やコンビニの照明が
 消されていて、街は暗い。
 夜明け前だから、さらに漆黒の闇。
 ふと空を見上げると、けっこうな星空。
 いいじゃん。
 北斗七星に、ペルセウス座(だと思う)などが、
 よく見えた。
 いつも思うが、夜は夜らしく暗い方がいい。
 夜中の街の照明などは、基本的にいらないのだ。
 星もよく見えるし、無駄な電力も使わない。
 いいじゃないか。
 今日のコースは、246号を長津田まで行き、
 恩田川沿いの桜の様子を観察し(3月中には咲きそう
 もないな)、そこから中央林間までの
 アップロードをかけあがる13キロ。
 本当は、ガシガシと走りたかったが、
 ヒザの調子がイマイチなので、そっとそっと系のラン。
 寒気に覆われているらしく、けっこう寒かった。
 手がかじかんでしまい、なんとも苦痛。
 春だというのにねえ。
 家に着いたのは5時。
 東の空がうっすらと明るくなっていた。
 ムラサキ色を中心としたグラデーション。
 きれいな朝だ。
 ランの後だったけども、湧き上がる気力。
 今日も一日元気に行こうって思った。

 4月3日に予定されていた「高水山トレイルラン」は、
 チャリティ大会として開催されるとのこと。
 この時期の大会開催は賛否両論が
 あろうが、私個人としては、この開催を支持したい。
 みんなで集まって走ってみて、新しく生まれる
 気持ちがあるかもしれない。
 謙虚に走らせていただこうと思う。

 
 
 
 
posted by hide at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

東日本国際親善中止。

 週末、早く帰れたので
 久しぶりに、花達と食事。
 花の従姉妹のみーちゃんも遊びに
 来ていて、にぎやか。
 ちょっと調子にのって、ビール。
 やがて眠くなり熟睡。
 で、目覚めたのが、午前2時。
 不思議と目が冴えて眠れなくなった。
 起きて、「原発」をテーマにした、
 朝まで生テレビを観ていたが、入り込めず。
 それじゃあ、やっぱり、アレですか!と
 ランニングへ出かける支度。
 というわけで、真夜中ランニングスタート。

 先週の板橋city代替マラソンin湘南45k
 以来の1週間ぶりのラン。
 その時、左ヒザが若干痛くなったのだが、
 それは、今までに痛んだことのない外側のヒザだった。
 なんか嫌だなとは思っていたのですが、
 痛みがすぐひいたので、あまり気にしていなかった。
 で、今回の真夜中ランの途中、30分程走ったところで、
 似た痛み発生。
 どーしたもんだろうと、不安になりながらも、
 足のフォームや、着地を意識しながら進んでいくと
 やがて、嘘のように痛みが消えた。
 それはそれでうれしかったが、おそらくヒザは
 悲鳴を上げている。しばらくは、無理しないで走ろうかね。
 コースは、いつものさかい川ルート。13キロ。
 月明かりに照らされて幻想的だ。
 真夜中なので、見渡すところ活動しているのは私くらい。
 ひとりぼっちの世界だ。SF的。
 しかし、真夜中に走る男は、
 怪しく、不審。
 時々ウォーキングしているお年寄りの方々などは、
 一瞬、怖がる。
 すいません。
 そして、キロ6分をきっちり守りながら、13キロのラン終了。
 身体がいい感じに疲れて、朝方の5時に再びベッド。
 今日は、休みなので、ゆったりと眠れた。
 気持ちいいったらない。

 4月17日に予定されていた東日本国際親善マラソンが中止
 米軍の基地で、賑やかに盛り上がる大会。
 花と走れると思っていたが、残念。
 しかし、走りたければどこでも走れる。
 参加料が、義援金にまわるらしい。
 私個人としては、是非、お願いしますという気持ち。
  
 来週は、福井に出張。
 福が湧き出る井戸のある福井。
 時間を見つけて走ろうと思う。

  
 
posted by hide at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

板橋cityの替わり。

 本日は、予定どおりだったら、
 板橋cityマラソン開催の日だったけど、中止。
 それはそれでまったくもっていいのですが、
 なんとなく残念な気持ち。
 いつも楽しみにしている、とあるランニングブログを
 読んでいたところ
 その方は、板橋cityにエントリーされていたが、
 中止だけれども、本日、荒川を走られるとのとこ。
 なるほど。そうか。
 大会がなくても、走ればいいのか。
 と、今更のごとくランニング大原則を再認識し、
 幻の板橋cityを体現すべく42.195キロを走ることにした。
 本当は、荒川に行けばいいのだが、諸事情により、
 近所を走るコースを設定。
 自宅をスタートして、さかい川を南下し、やがて江ノ島。
 そして、湘南海岸公園を東に向かい、引地川を北上し、
 藤沢から467号を更に北上するコース。
 キリのいいところで、45キロになるまで北上することにして、
 ゴールは、高座渋谷駅入口にある福田交番とした。
 
 朝の4時。スタート。
 板橋cityの為に用意したザバスのエナジー的なゼリーと、
 キッチンにあったカレーパンを摂取。
 今日は、比較的暖かい。月が大山の方角に沈もうとしている。
 板橋city本番をイメージしてグイグイと進む。
 といっても、キロ6分位。
 先が長いので飛ばすわけにはいかない。
 さかい川は、いつもと変わらず、しなびた感じで
 悠々と流れている。
 いつしか東の空が明るくなり、ドカーンと太陽。
 日の出っていうのは、いつ見ても心にくるなあ。
 2時間位走ったところで、再びザバズ注入。
 けっこう甘くて、疲れた身体にかなり効いた。
 藤沢を過ぎて、江ノ島。のんびりとした風景がいい。 
 その中を、気持ち、颯爽と走る。走れている。
 いいのではないかと思っているうちに、30キロ地点通過。
 大体、湘南海浜公園の辺り。
 相模湾のスパッとした海原に、富士山がドーンと見える。
 江ノ島のシルエットがどんどん変わる。
 いいな、いいなと深呼吸しながら走る。
 引地川沿いにさしかかった頃、若干、左ヒザが痛む。
 と同時に、疲れからか、極端に減速。
 おお、これがいわゆる30キロの壁という奴かあと
 余裕を装っていたが、どんどんキツクなっていく。
 467号を北上する頃には、ほぼ歩くスピード。
 おまけに坂道だし、かなり苦渋。
 それでも、1度背負った十字架をおろすわけにはいかない。
 ゴールをめざして、一歩一歩進む。
 途中、ガソリンスタンドがいくつもあったが、
 そこには必ず長蛇の車の列。贅沢は言わないが、
 スムーズな供給体制が望まれる。
 大体の距離だけど、42.195キロ地点通過の時点で
 4時間を過ぎていた。
 サブフォーってのは、かくも大変なのか。
 スピードを出してたくても出せない。
 まだまだだ。
 でもって、待望の福田交番。ゴール。
 安堵。
 早朝の4時にスタートして、そろそろ9時。
 随分と長く走った。
 後半のスタミナ不足など課題がたくさん残りつつも、
 充実の日曜日午前。
 
 板橋cityは走れなかったが、湘南を思う存分
 走ることが出来た。
 つらかったけども、とても楽しい。
 いいなあ、とっても。
 本当にいい時間でした。

 というわけで、明日からも走ろう。


 
 
 
 
  

 
posted by hide at 12:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

春の誕生日。

 徹夜で仕事した。
 東日本大震災の影響で、
 この1週間は、自宅待機だ、早退社だと
 やっていたら、なんとなく仕事が
 たまってしまって、気合を入れて
 片付けてしまうことにした。
 節電で夜中は、エアコンが切れていたが、
 幸い、そんなに東京の気候は、
 寒くなく乗り切ることができた。
 24時を過ぎたと思ったら、あっという間に朝。
 静かに東京が動き出していた。
 こまごまとした仕事だったが、経済の前進の
 ために少しでも貢献していることを願う。
 
 で、今日は、妻の春の誕生日。
 帰宅した昼前、「おめでとう!」と言ったら、
 「あなたが一番最初に言ってくれたわ。
 子供達ったら、まだ何も言ってくれないの。」
 などと言っていた。
 花やノン、何しているのだ。コラ。
 照れているのか?
 聞けば、お手紙は書いてあるみたい。
 2月3月は、妻の春、長女の花、次女のノンの
 誕生月。みんな春生まれ。(私だけ、秋生まれ)
 ここのところ、誕生日イベントが続いているのだ。
 とっても、春とは、つきあった時から
 数えると、はや、幾年、幾十年。
 今や、夫婦的な照れがあり、昔のように盛り上がったりは
 しない。
 落ち着きが大事なのだ。(なんの落ち着きだ?)
 ということで、特段、普段の生活とそんなに変わりのない日な
 感じであるんだけども。
 でも、とても感謝しております。いろいろな所で
 サポートしていただいております。有難う。
 いつも、花やノンと、ケンカをするほどに真剣に
 向き合って見守ってくれて、どうも有難う。
 
 予定通りならば、明日の3月20日は、人生初フルマラソンの
 「板橋cityマラソン」の開催日であった。
 きっと、今頃、あれやこれやと初マラソンに向けて
 心配していたかと思うが、今は、中止が決まって
 一旦は落ち着いている。
 次のフルマラソンを走れるチャンスは、いつかわからないが、
 その時を心待ちに、ランを積み重ねたいと思う。

 しかし、今は、春だというのに、北風にあおられ、
 とても寒くて嫌だ。
 でも、そんなものには負けず
 一人一人の愛で、暖めればいい。
 まだまだ、長い長い旅の途中。
 一歩一歩、積み重ねさせていただきたい。

 

 

 

 
 
 
posted by hide at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

板橋city中止。

 板橋cityマラソン、中止とのこと。
 今の日本の状況下では、仕方ない。
 このタイミングでの実施ってのは難しいもの。
 昨年に引き続き、2年連続の中止かあ。
 うむ。
 まあ、走りたかったけども、走ることは
 どこだって出来る。それだけで、個人的には満足。
 他のランナーさんのブログで言っておられたが、
 板橋city向けの供給物資は、必要な地域に
 振り向けられたらいい。
 なかなか杓子定規にはいかないとは思いますが、
 そういうことが、スムーズにできたらいいのに。
 
 先週の金曜日に震災が発生して以来、
 ふわふわした気持ちだ。
 どうしていいのかわからないって
 言った方が適切だ。
 しかし、ここで気持ちをしっかりと持って
 震災と向き合わないといけない。
 何よりも、被災された方々が必死に
 戦っている。
  
 どんな風が吹いたって、負けるわけがない。


 
 
posted by hide at 19:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

震災。

 東日本大震災。
 被害状況が明らかになるにつれ、
 胸を締め付けられるばかりだ。
 私なんかが言うのもおこがましいけど、
 今、必要なことは、心を強く
 持つことだと思います。
 この困難を乗り切るために、
 日本人全員で、力を合わせて、
 勇気をもって、助け合うことが
 大事だと思います。

 【義援金・募金・寄付】
 
 ランニングに限って言わせて
 いただければ、来週、板橋cityマラソンが
 が開催される予定だけども、被災された方で、
 板橋cityに参加予定の方もいらっしゃっただろう。
 それどころではない状況だ。
 今の段階では、中止もやむを得ないと思う。
 
 

 
posted by hide at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

板橋city10日前。

 板橋cityマラソンの案内が届いた。
 いよいよだ。
 42.195キロ、無事走れるかな。
 先週の日曜日、長野ランをして以来、
 仕事だ、飲み会だとか言って走ってない。
 レース直前期は、疲労することがマズイようなので
 走っても、5キロ位なものなのかしら。
 でも、今週末は特段の予定がないから、
 土日それぞれ13〜15キロ位走ろうかと思っている。
 で、来週は、レース1週間前になるが、
 おそらく仕事がゴチャゴチャしそうなので
 走る時間がなさそう。
 そんなことを嘆いているうちに、レース当日の3月20日が
 やってきそうな感じだ。
 うむむ。
 まあ、あせっても仕方ない。
 今までのランニングの積み重ねを信じて、
 ドカーンと走るしかないのだ。
 今、制約なくできるのは、イメージトレーニング。
 大会当日の雰囲気を。自分の理想とする走りを。
 つらくなって息があがった自分を。ゴールで待っている
 (かもしれない)家族の笑顔を。表彰台に立つ自分を。
 うん、うん、想像するってのは楽しいなあ。

 とにもかくにも、レースまで後10日。
 いいぞ。
 走る皆さん、楽しみましょうね。 



posted by hide at 09:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

長野ランニング。

 長野市にいます。
 マイホームタウン。
 実家の用事で、単身長野。
 ここのところ、名古屋だとか九州だとか
 熊谷だとかと、出かけっぱなし。
 花やノンと過ごす時間がない。
 ツアー生活ってのは、私のひとつの憧れなので
 ですが、やっぱ意外と疲れるし、寂しいものね。
  
 でもって、用事を済まして昼に時間があったので
 長野ランニング敢行。
 空は青。東に志賀高原の山並み。西に北アルプス。
 クリアに大自然が広がる長野の街を走る。
 約14キロ位かな。
 実家から善光寺をめざし、引き返してくるコース。
 こちらも春がやってきたようで朝は冷えたが
 昼間は穏やかな気候。
 ランには最適な環境。
 とっても気持ちよかった。
 40分位走ったら善光寺。
 善光寺は参拝客がたくさん。
 私も、もう何度行っているかわからないが、お参り。
 堂々とした佇まいの本堂は、いつ見てもいい。
 気持ちがひきしまる。
 背筋を伸ばして手を合わせてから、再びラン。
 4月の長野マラソンの開催をひかえたこの街では
 ランナーをけっこう見かけた。
 出場される方かわからないが、もくもくとトレーニングを
 積んでる風情。
 実際、自然に囲まれて、空気が澄んだ長野を走る
 長野マラソンは、気持ちいいだろうなあ。
 私も出たいが、予定が合わず出場できないでいる。
 まあ、いつかは走れるだろう。
 その瞬間に備えて、今から準備だ!などと考えつつラン終了。
 なんだか天気がとてもよく、北アルプスがクリアに見えた。
 真っ白な雪に包まれた神々しい山並みから気持ちいい風が
 吹いてきているように感じた。

 で、夜は、友達と長野飲み。
 今は寂れてますが、権堂という飲み屋街にて。
 昔よく行っていたインディアというバーボンハウスにも顔を出す。
 マスターが、ボブ・ディランのビフォア・ザ・フラッドという
 レコードをかけてくれた。
 ディランの音楽が広がる明け方のバーボンハウス。
 マスターやお客さんの人生などのお話を聞いているうちに
 とっても元気になってくる自分がいました。
 
 つーことで、前に進む。



 
posted by hide at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

熊谷ランニング。

 熊谷モーニング。
 晴れてます。

 昨日から熊谷に来て仕事。
 昨夜は、基本的に走ろうとは思って
 いましたが、
 おいしい穴子寿司をいただき、日本酒を
 グイッとやったのが効いたのか、宿舎に戻って
 お風呂に入ってそのままダウン。
 まあ、あまり無理して走ってもロクなことが
 ないので、睡眠時間をしっかり確保。
 でもって、朝。5時に飛び起きる。
 ジョギングシミュレーターでルートを確認。
 熊谷ランニングにシュバッと出発した。

 荒川大橋を渡る。
 荒川が滔々と流れている。
 下流にいけば、板橋cityマラソンの
 会場があるはずだ。
 気がつけば、開催まで20日をきっている。
 まずいなあ。大丈夫かな。
 などと、不安になるも、時は過ぎゆく。
 しかし、いよいよなのだなと、再認識。

 天下の名道「中山道」(R17号)を走る。
 江戸時代の五街道の一つのこの道は、
 日本橋から埼玉、群馬、長野と続くらしい。
 立派な道だ。
 熊谷あたりの歩道も、広くきれいに整備されて
 いて、とても走りやすい。

 さらに、熊谷の郊外も走る。
 ドーンと続く真っすぐな道。
 まわりは、広大な畑。
 空がとても大きく見える。
 雲がとてもダイナミックだ。
 空の先は、遙かなる宇宙。 
 心が広く大きくなる。気持ちいい。
 そういう時は、ひとまわり人間が大きくなった
 ような心持ちがするけども、
 その後、宿舎に戻る道を、ちょっと間違えた時、
 イラっときた。方向音痴な自分にだけど。
 あいもかわらず些少な器。もしくは僅少な器。
 そういう時に悠然として冷静に対処できれば
 いいものを。
 空は広いのだ。
 と、いう熊谷ランニング。
 全体的にとっても気持ちのいい約15キロでした。
 
 でもって、2月の走行距離。
 269キロ。
 個人的に過去最多。
 雪の中、皇居をめざした45キロランや、
 名古屋ラン生活36キロ、福岡苅田23キロなど
 なかなか楽しい内容。
 3月は、いよいよ板橋cityだ。
 ケガのないように走りたい。

 
 
 
posted by hide at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする