2010年09月29日

群馬伊勢崎ラン。

 群馬県は、伊勢崎にいる。
 出張。
 昨日の朝は、まとわりつくような雨が降っていて
 走れなかったけども、今日は快晴。
 早起きして伊勢崎ランニング。
 ホテルから、国道462号線をひたすら南下して
 利根川まで行き、そのまま引き返すルート。約14キロ。
 伊勢崎を走る462号線沿いは、基本、田園地帯。
 広大な関東平野を実感しながら走る。
 群馬県名物の空っ風が吹く。かなり強い風だ。
 行きは追い風だったが、帰りは向かい風。
 顔をしかめながら走っていたように思う。
 折り返し地点の利根川には、坂東大橋という巨大な橋が
 かかっていた。
 とりあえず渡ってみるかと思い渡り始めたが、なかなか
 対岸につかない。
 というのは、その長さ1キロ。往復で2キロ。すごい。
 利根川も隆々と流れていて、とてもダイナミック。
 橋の上では、空っ風もピーク。吹き飛ばされそうだった。
 そして、その頃、朝陽。
 ドーンと大きな赤い太陽が昇っていく。
 今日も頑張るか。
 しばらく見つめてから、ホテルに向けてバックラン。
 来た道を引き返す。
 風に吹かれて、身体がかなり冷えたようだ。
 つい先週までは、こちらもものすごい暑さだったようだけど。
 もう本格的な秋なのね。

 そんな伊勢崎での朝。
 今日は、東京に戻る。
 そして神奈川の自宅に帰る。

 

posted by hide at 07:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

多摩川周辺ラン。

 秋休み。
 しかし、花もノンも学校や幼稚園があるので、
 お出かけのプランはなし。
 毎日、走ったり読書したりボケーとしたりして
 のんびりと過ごしている。暮らしている。
 いいなあ、平和な日々。
 家族でゆっくり食事できることとか。
 花やノンをお迎えに行くとか。

 でもって、先日。
 僕は二子玉川にいた。
 訳あって朝と昼に用事があり、その間ぽっかりと
 時間が空いた。
 何をしようか。
 少し前の私ならカフェで読書でもしているところだが、
 今なら走る。
 広がる空の下、走る。走りたい。
 うーん、変わるものだな。
 
 今日のコースは、二子玉川から多摩川河川敷を南下して、
 旧巨人軍グラウンドを過ぎ、田園調布のお鎮守様 浅間神社に
 御参りして、多摩川台公園の古墳を見学してから丸子川沿いを
 を北上して、二子玉川に戻ってくるというもの。約10キロ。
 二子玉川駅のトイレで着替え、荷物をロッカーに
 預けて、多摩川の河川敷を走り始めた。
 平日午前中の河川敷だったので人もまばら。
 けど時々、ランナーがやってくる。いいねえ。
 旧巨人軍グラウンドの辺りを通過する頃には、調子も上がって
 きて快調ペース。(9月26日は、横浜スタジアムで
 ベイスターズ巨人戦を観戦予定。花ノンプロ野球初観戦の予定!)
 やがて、浅間神社。ちょっと休んで御参り。風格ある神社で
 小高い丘の上にある。見晴台があって多摩川一体を見渡せる。
 風のとおりがいい場所だった。
 神社の入り口に、古い駄菓子屋(釣具とかも売ってた)が
 あったが、その佇まいもいい。大きな木の下に、寄り添うように
 建っている。
 で、多摩川台公園の古墳。亀甲山古墳という巨大な古墳が
 あるのだけど、研究対象とかで一般公開していない。
 その代わり、公園には小さい古墳が点在していて、この地に
 古代から人が住んでいたことを伝えていた。
 で、これが現代になると、この辺りの地名は田園調布。
 天下の田園調布。
 いやあ、素晴らしい家ばかり。
 なぜか、その地を走って通り過ぎるだけの私だけど、
 いつかは、私だってねえ!と思う。想像は膨らむ。
 そして、丸子川沿いに出て、ガンガンと二子玉方面へ。
 スピードは出ないけども、力強く走った(つもり)。
 という感じの、1時間強。ゴールデンタイム。
 
 走った後は、二子玉川の兵庫島付近で休憩。
 ウォッチング ザ リバーフロウ。
 ボケーと、川の流れを見ていた。
 いい休みだ。


 
 
 

 
 
 
 
  
 
posted by hide at 10:12| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

ナイキ原宿。

 サンシャインな平日休みの午前中。
 僕は、表参道にいた。
 わけあって、花ノンの従姉妹のみーちゃんといっしょ。
 目的は、ナイキ原宿のRunners Studio。
 そこには、「ゲイトアナリシス」というマシンがある。
 これは、ランニング時の自分の足の着地シーンを
 ハイスピードカメラで撮影し、状態をチェックすることが
 できるシステム。
 すごいじゃないか。ハイテクノロジーじゃないか。
 では、そのシステムを体験してみようじゃないかと、
 わざわざ表参道にやってきたのだ。
 
 午前中だったのでお店は空いていて、店員さんに
 お願いしたら、すぐ対応してくれた。
 なんとなく恥ずかしいのだけど、みーちゃんの手前
 モジモジしているわけにもいかないので、
 シューズを履いて、ルームランナーにどうどうと乗る。
 で、言われるままに30秒位(だったと思う)走ったら終了。
 で、その着地シーンの映像は、すぐPCに取り込まれていて
 店員さんが解説してくれた。
 ずばり「右足はきれいだけど、左足はオーバープロネーション
 になっています。」
 「オーバープローネーションだと、腰やヒザに負担がかかり
 痛めやすくなります。」
 ふーん、やはりプロネーションの問題だったか、と深く
 うなづいたが、自分にプロネーションの知識がないことに気づいた。
 まあ、要は、着地時に必要以上に内側に足首が倒れこんでいる
 状態が、オーバープロネーションと言うらしい。
 この状態が続くとヒザや腰が痛めてしまうらしい。
 おお、私の左ヒザ痛につながる指摘ではないか。
 オーバープロネーションのせいで、今まで苦労したのか。
 私は、その店員さん(アスリートっぽい女性)の言葉に感動した。
 ものの数秒で、真実を言い当てるウルトラ級の占い師のように感じた。
 じゃあ、そのオーバープロネーションを治すにはどうしたら
 いいのでしょう?と聞いたが、それについてはきっと
 話が長くなる感じだったので、てっとり早く、状態を緩和する
 ナイキプロダクトを紹介してくれた。
 かなり前向きに購入しそうになったが、つい最近新しいシューズを
 購入したばかりだったので、もう少し考えることにした。
 いや、しかし、他にもいろいろ教えてくれて、なかなか勉強になった。

 ナイキ原宿。お店は、ものすごくキレイで近代的。
 店員さんもシュッとしていて、なかなかいいね。
 ランニングイベントも開催しているみたいだが、きっと楽しいことだろう。

 でもって、2人は、原宿キディランド キャットストリート店へ。 
 つい最近オープンしたらしく、にぎやか。
 観光スポットにもなっているらしく、やたら外国人が多かった。
 キティちゃん、ジブリ、リラックマ・・。ワールドワイドだぜ。
 巨大化したおもちゃ屋さん。しかし、整然と並べられているおもちゃを
 見るのは、意外と楽しいものね。
 みーちゃんは、やはりキティちゃんがお気に入りのようだ。

 夜は、中秋の名月を見ながら、16キロラン。
 オーバープロネーションについて考えつつ、
 ムーンライトに照らされつつ、気持ちのいいランニングだった。
 


 
posted by hide at 04:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

江ノ島へラン。

 敬老の日。9月20日。
 午前3時。
 真夜中に起きた僕は、また走り始めた。
 南の方へ。
 海をめざして。

 ということで、全長28キロの中央林間江ノ島南下ラン敢行。
 さかい川沿いをひたすら下るコース。
 地図で見ると、中央林間から真っ直ぐ南へ下ると江ノ島となる。
 風水的にきっと何かあるに違いないが、まあ気にしない。
 このコースを走るのは、3回目だ。
 1回目と2回目は、昨年の10月に走った。
 当時は、まだいわゆる駆け出しの頃で、筋力も体力も経験もなく
 気の向くままに走って、結果、左ヒザ故障。
 その左ヒザ痛には、その後、約8ヶ月に渡って悩まされた。
 なので、このコースは苦手意識・恐怖を感じる
 のだけど、いつか克服しなければならない、避けては通れぬ道
 なのだ。
 個人的に。
 
 今回のミッションは、ヒザが痛くならず無事28キロメートルを
 走りきること。
 なので、序盤から、ピッチ走法。というか、そうっとそうっと
 ヒザに負担が掛からない感じで走った。

 夜中の3時と言えば、漆黒の闇。
 中央林間付近のさかい川は、林に囲まれ鬱蒼としている。
 真っ暗な中、ライトもなく走る。
 これは、意外と怖い。
 林の向こうから、こちらを見てるかもしれない精霊もしくは
 生霊のことを勝手に想像して、ゾワワワとなりながら走る。
 まったく、何しているんだよ、ミスター?
 てな感じだが、霊と出会うことはなく、やがて朝が来た。
 また、今日も太陽がドーンと昇ってきた。
 地球は、回転しているんだ。と考えたりしながら走り続ける。
 2時間位走ったところで、かなりキツくなる。
 気持ちは前に行くけども、左ヒザの方が若干重たくなってきた。
 時々、ツーンという感じで痛くなる。
 オイオイ、勘弁してくれよ、ミスター?
 今回は、痛くなったら、すぐに走るのをやめようと思ってた。
 それが、前に走った時に得た教訓だ。
 だが、微妙な感じの違和感で、ツーンという痛みもすぐ消える。
 どうなの?どうなの?と、ヒザに聴く。
 どうなの?どうなの?と、問いただした結果、ヒザは「まだ行けますぜ、
 ミスター!」とは言うわけはないが、なんとかもちそうな感じ。
 大幅にスピードを落として、さらに、そうっとそうっと走る。
 藤沢の田園地帯。稲がたわわに実っている。もうすぐ稲刈りだろう。
 ぶどう園なんかもあったが、グレーピーな香りが漂ってた。
 もうホントに秋なんだな。と去っていった2010年の猛暑の夏を
 懐かしみつつ、走る走る。
 中央林間の近くを流れているさかい川はチョロチョロだけれども、
 海に近づくにつれて、川幅が広くて、とうとうと流れる立派な
 さかい川へと成長していく。
 その辺りでは、もう小型船が停泊していて、潮の香りがしてくる。
 ゴールは近い。
 呼吸を整え、一歩一歩進む。
 28キロとはいえ、僕にはたいした距離だ。
 ヒザの調子も特段問題なく思える。
 やがて、ゴールに設定した片瀬江ノ島駅近くの弁天橋が見えてきた。
 なんだか無性にうれしくなる。
 ゆっくりゆっくりゴールが近づいてきて、そしてゴール。
 なんとか無事に走りきれたと安堵、ひとりで笑顔。
 3時10分に中央林間を出て、5時30分に藤沢、6時08分に江ノ島。
 距離28.2キロ。1キロ6.3分。
 
 ゴールの後は、江ノ島神社に御参り。なんだかんだ言って
 かなり足が疲れたので、ゆっくりゆっくり朝陽を浴びながら
 江ノ島神社へ向かう。
 両側には海。もうサーフィンをしている人も釣りをしている人も
 たくさんいる。いいなあ。
 御参りの後は、海辺へ。
 足が熱かったので、シューズを脱いで、足だけ海につかる。
 心地いい温度の水が足を包む。
 砂の感触もよくて、28キロを走りぬいた足をやさしく包む。
 深呼吸。
 気持ちいいったらない。
 これは、真夜中の3時から走っている人でないと
 感じられない幸せ。
 しばらく何も考えず、ボーとしてた。
 
 という第3回中央林間江ノ島南下ランニング。
 なんとか、ダメージなく走ることができたのがうれしい。すごい。
 次につながるラン。




 
 
 
 
 
posted by hide at 14:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

トワイライトラン。

 昨日の夜から、今日の朝までずっと飲んでた。
 ひとつのプロジェクトが終わって、チームで打ち上げ。
 1次会は、新橋の居酒屋で、2次会は、銀座のカラオケ屋。
 朝になって、マクドナルドにて3次会。
 チームのみんなも元気だが、私もけっこう元気だと思う。
 ストレスが溜まっていたのか、声を張り上げて朝まで
 唄い、声がかれた。話たりなくて、朝マック。で、よもや話。
 いやはや、すごい。いい歳して何しているのだという
 意見もあろうが、たまにはいいか。
 仕事も、区切りがついたわけだし。

 そんな無茶ができるのも、今日から秋休みだからさ。
 とりあえず来週の日曜日までは仕事はしない。
 リフレッシュしましょうかね。
 
 とかなんとか言いつつも、今日はヨレヨレ。
 シャワー浴びてさっぱりして、気持ちよく寝てたら
 花やノンが来て、安眠妨害。
 「パパは朝までカラオケしてたんだぞ!」と
 意味もなく偉そうに、諭して意地で寝た。
 夕方になって、ようやく元気が出てきたところで、
 春達は、町田にショッピングに行くと言う。
 私は、瞬間的に走れるチャンス!と思い、「パパは
 行かないよ、悪いけど走ることにするよ」
 と言うと、思いのほか素直に「わかった」と言い、
 とっとと出かけて行ってしまった。
 まあ、そんな感じで若干、心のスキマを感じつつも
 夕方のさかい川沿いを13キロのラン。
 
 今日は、夕空の雲がピンク色に染まり、やけに綺麗だったので
 基本的に空を見上げながら走った。
 そのうち辺りは、黄昏時。トワイライト。
 街全体が、ピンクがかったムラサキ色に染まった。
 なんか遠い記憶の中を走っているような感覚になった。
 知らない街に迷い込んでしまったような感覚。
 うーん、夕暮れ時のランもいいものであるなあ。
 
 という感じの夕暮れラン。
 身体的にアルコールの分解も終わったのだろう。
 調子が戻ってきたぜ、ホホホ。
 春達も、もう少しで帰って来る。
 お腹がすいた。

 世田谷246ハーフマラソン
 抽選の結果、ハーフは落選して出られません。
 これで2年連続の落選。まったく。
 しかし、親子ランの部には当選。イエイ。
 11月21日は、駒沢公園で、花と走ります。
 今回は、狙うよ。



 
 
posted by hide at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

神宮外苑ラン。

 青山での仕事が、予定どおり6時に終わり、
 初めての明治神宮外苑ランニング

 当日は、神宮球場でヤクルト巨人戦が
 行われていて、とてもにぎやか。
 そんな中、私はひとり神宮外苑に立った。
 一周1.3キロ。地面には100メートルごとに
 距離の表示がある。信号もなく、果てしなく
 グルグル周れる。
 ランナーサークル系や、エリートランナー系、
 駐在外国人系などの方々が集まり、
 やはり神宮外苑、ラン的にとても華やか。
 地元中央林間やさかい川と比べるべくもない。
 
 一周1.3キロは、かなりあっという間。
 外灯はあるけども、暗闇の中を走っていることも
 あって、やがてかなり集中。
 まわりの早いランナーにも触発されたのか、
 普段より3割増し位のスピードでグルグル。 
 で、10周。13キロのラン。
 久しぶりに息が上がった。
 しかし、トレーニングしたぜ感があふれ
 意外と満足。
 たまには、こういう引き締まった環境で
 走るのもいいね。

 神宮外苑。
 とてもいい場所。
 今度は、明るいうちに走りたい。
 
  
 
 
 
 
posted by hide at 01:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

神宮外苑計画。

 9月半ば。
 いやはや、時が過ぎるのは早い。
 もう9月も半分終わりなのね。
 手帳を見ると、いろいろなことが
 書いてあるけども、過ぎてみると
 どれもこれもアッサリとエンド。
 すぐに秋が深まり、やがてクリスマス。
 無事で過ごせるのは何よりですが、
 なんか無暗に急ぎたくなる。
 人生は短いのだ。 
 ホホホ。
 でも、急いでもきっとロクなことが
 なさそうなので、スピードを緩めて
 周りの景色をじっくり見つめることの方が
 いいか。落ち着くし。
 ホホホ。
 いやいや、結局バランスなのですよ。
 何事も。
 
 でもって、9月のランニング。
 ウィークデーは走れず、日曜日だけ。
 今のところトータル41キロ。
 少ない。
 ここのところ仕事が立て込んでいたのだけど、
 今週は、おそらく大丈夫。
 6時過ぎには、フリーランスな人となって
 いるはずだ。
 なので、走る計画を立案。
 とりあえず今週は、仕事で青山に来ているので
 仕事が終わったら、神宮外苑を走ってみようと思っている。
 かの瀬古選手も練習に使ったというランニングの聖地。
 一周1.3キロ。10周位してみよう。
 楽しみだな。
 

  
posted by hide at 08:59| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

ランナー多様性。

 先日、マイランニングコースを
 いつものように、ゆったりペースで走っていた。
 すると、いつからか後ろで「ひっ」「ひっ」と
 変な声。
 「何?」と振り向くと、60歳位の男ランナーが
 「ひっ」「ひっ」「ひっ」と言いながら走ってくる。
 くせなのかどうか解らないが、息を吐く時に必ず
 「ひッ」という声を出している様子。
 そのうち、その男ランナーは、私を追い越し、前位置にピタリ。
 あいもかわらず「ひっ」「ひっ」「ひっ」と言いながら
 走っている。
 しばらくいっしょに走っていたのだが、どうも落ち着かない、うるさい。
 スピードも上げる気配がないので、思い切って追い越すことにした。
 ビョーンとスピードアップ。これで、また心の安寧が訪れると
 思った矢先、後ろで「ひっ」「ひっ」「ひっ」。
 どうやら、ピタリとくっついてきているようなのだ。
 「何よ、何?どうゆうこと。勘弁してくれよ、ミスター。」
 私は、げんなりとした。
 それでも、すぐスピードを緩めるわけにもいかず約1キロ。
 ずーと「ひっ」に追いかけられた。
 で、いい加減、疲れてスピードダウン。「ひっ」は
 バビューンと私を追い越して彼方に消えていった。
 よく見れば、鋼のような大腿四頭筋、ふくらはぎ。
 ランナー歴40年の筋金入りの屈強ランナーという風情。
 
 一体、なんだって言うのだ。
 私の前に蜂のようにホバリングして、プレッシャーを与え、
 我慢できず飛び出すと、ヘビように執拗に追いかけて
 かみ殺す的な。
 なんか罠にはまってしまったようで釈然としない。
 まあ、いいですけど。
 
 でも、また、きっと出会うだろうなあ。
 次回は、勝てるかなあ。
 って、違うか。
 




 
 

posted by hide at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

セプテンバーラン。

 セプテンバー。
 暑い日々が続く。
 今週は、仕事の方が忙しく、平日は走っていない。
 基本、朝6時半に家を出て夜25時頃帰ってくる。
 一進一退の仕事の日々。
 まあ、そんな生活も、多分今日までだ。
 明日は、休日。
 きっと、走れるさ。
 うん。
 
 記録的な猛暑の8月の走行距離。
 233キロメートル。
 今までの最長は、去年の9月の204キロ。
 おおお。
 すごい。最高記録。
 新しいシューズ、アシックスゲルニンバス効果か、
 とにかくたくさん走った感がある。(あくまで、
 個人的にで、ございます)
 思いおこせば、
 ギラギラの西日に向かって走った246号厚木ランや、
 朝4時半の善光寺で太鼓と鐘の音を聴き宇宙を
 感じた善光寺森羅万象ラン。
 さらには、早朝の静けさの中、朝靄のまっすぐな道を
 かけあがり浅間山の麓から、昇る朝陽を見つめた
 軽井沢御来光ラン、そして、先週のさかい川北上共和橋ランなど
 いろいろなランがあった。
 そんなこんなの233キロ。
 虹色な感じのランニングじゃないの。
 いいねえ。

 9月は、どうかしら。
 下旬には有給をとって、いわゆるシルバーウィークに
 する予定。
 オータムバケーションじゃ、イエイ。
 ということで、また走れそう。
 楽しみだな。


 
 
 
posted by hide at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする