2010年04月25日

セカンド皇居ラン。

 久しぶりの休日出勤。
 日比谷。
 3時頃に終わらせて、皇居ランへ。
 ワハハハ。
 ムハハハ。
 なんだか、また肌寒い気候だったけども、
 走るのには、ちょうどいい。
 前回と同じく、銭湯のバン・ドゥーシュを拠点にして
 半蔵門からスタート。
 先週の東日本国際親善では、両ヒザが痛くなり、
 心で泣いたが、1週間経ち復調した(と思う)。
 だけど、油断は禁物なので、慎重にゆっくり走った。
 リッスン トゥー ザ ヒザのサウンド。
 先週感じたヒザ裏の腱の痛みはない。
 以前痛めた左ヒザの内側の痛みもない。
 若干、両ヒザの上部分に違和感を感じる。
 多分、スピード上げたら痛み出すんだろうな。
 フォームが悪いのかね。
 まあ、無理せず、ゆっくり走れ。
 などと、主にヒザについて想いをめぐらしながら走る。

 今の時期、皇居は八重桜と菜の花が満開だ。
 こぼれおちそうな勢いで咲く八重桜。
 ボリューム感がすごい。
 そして、可憐な菜の花。
 広大なお濠のバンクで、そよそよと風にゆれている。
 さらに、今日は天気がよくて、西に傾いた太陽からの
 光がとてもいい。
 竹橋のお濠の水に反射している太陽を見たときは、
 水面と同じく、心もキラキラした。
 すごくいい気持ちになりながらランニング。
 かなり贅沢。
 
 1時間かけて2周。
 約10k。
 まずは、この10kをきちんと走れるように
 なろうと思った。
 ヒザが痛まず、フォームが崩れず、いいリズムで
 走れるように、あせらずトレーニングを
 していくことにした。
 
 てな感じで、2度目の皇居ラン。
 個人的にかなり充実。
 よかった。
 ラン後は、バン・ドゥーシュでお風呂。
 これも、気持ちよいなあ。
 
 
 ■ランキング!!参加中!!
 クリックをお願いします!!■
 にほんブログ村 その他スポーツブログ (ジョギング)・マラソンへ

 人気ブログランキングへ
  
 
 
posted by hide at 06:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

春/東日本国際親善マラソン大会!

 東日本国際親善マラソン大会。
 相模原米軍基地に行ってきました。
 ハーフマラソンと親子ランに参加。
 まずは、ハーフの結果。
 1時間48分02秒。うーん。
 5k-22:22
 10k-22:27
 15k-24:24
 20k-31:28
 21.0475k-7:20
 順位は、わからない。
 前半、快調ペースでしたが、後半失速。
 原因は、ヒザ痛。10k過ぎたあたりから、ヒザや
 右ヒザの後ろ側の腱が痛みはじめた。
 だんだん、痛みは増し、いやだな、いやだなと
 不安になってきたところで、
 せめて完走を!と神様に祈った瞬間に激痛!!
 条件反射的に身体が、ストップした。
 その後は、歩いては走り、走っては歩くの繰り返し。
 今回は、家族が応援してくれたので、元気は出るが、
 いかんせん、痛いと走れない。
 ゴールが遙か遠くになった。
 ゴールするのがやっとだった。
 だだっ広い相模原基地で、微かにひばりが鳴いていたのと、
 桜の花びらがヒラヒラ舞っていたのと、
 花やノンや春の笑顔は覚えているが、後はずっと
 ヒザの痛みとの闘い。
 個人的に、かなりつらい結果。
 ヒザさえ、痛くなれば走れるものを。
 また、基礎からトレーニングだね。

 という感じで、ハーフは、悲壮感たっぷりな結末を迎えた
 わけですが、本日のメインは、花との親子ラン2.2k。
 ヒザ痛で、かなりヤバイ状況に陥ったけど、意地で出た。
 だって楽しみにしていたんだもの。
 花は、今日のために用意した、
 新しいランニングシューズを履いて、
 小学校の体育のお帽子をかぶっている。
 そして、白いシャツに短パン、黒いソックス。
 妻の春は、コーディネイトのセンスがある。
 なんというか、すごく正統派的な体育スタイル。
 私も、偶然、白いTシャツに黒タイツ。
 遠からず近からず、ペアルック。
 初めてのマラソンレースで不安気な花だったが、
 それが、かわいいのは言うまでもない。
 でもって、いよいよスタート。
 手をつないで走る。
 3時半スタートだったので、もう西日。
 やさしい午後の光に包まれて、花はグイグイ走る。
 私は、ヒザがピリピリ痛くて、花について
 いくのがやっとだったけど、心がやさしい気持ちで
 いっぱいだ。
 花は、最後にはスパートをかけた。
 グングン、スピードが早くなる。
 すごい。ホント、素敵。
 ゴールタイムは、12分45秒位だったかしら。
 よく覚えてないですが、最高の時間。
 ゴールには、春とノンが笑顔で待っていて、
 花は照れ臭そうに、はにかみ笑顔。
 前に向かって、一生懸命走った花。
 よく頑張ったねえ。ありがとう!Thank you very much!!


 今回の大会は、全体の申し込み者が、11,000人を
 超えたらしい。応援の人達を含めると、
 20,000人位が相模原基地に集結したのかしら。
 ということで、会場は大混雑。
 会場に入場するのに、1時間40分並び、
 ハーフなどの予定開始時間が1時間遅くなり、
 春はチキン&ポテトを買うために、1時間30分並んだらしい。
 おまけに、初めてで勝手がわからず、
 もうひっちゃかめっちゃか的混乱状態。花やノンは
 無邪気に遊んでいたけど、我々は、どこにレジャーシート
 敷くのよ?おおお、もうスタート時間だよ!どこに並べはいいのさ?
 食べ物のお店はどこよ?などと、ずっと慌ただしかった。
 春の1時間30分待ちのチキン&ポテトは、
 ハーフの後にいただいたが、うまいことといったらなかったなあ。
 あれは、走ったからこそ味わえるおいしさだろう。
 春、Thanks!
 でもって、4歳の次女ノンは、元気いっぱいの笑顔で、
 ずっと楽しそうに応援してくれました。
 帰りは寝てしまい、ヒザ痛の私は抱っこして歩くのが
 非常につらかったけども、それもまたいい思い出か。
 ありがとう!と言いたい。

 東日本国際親善マラソン大会。
 会場に来ている人達は、みんな楽しそうでした。
 全体的に、とってもエネルギーに満ちた大会という印象。
 国際親善は、ゲートでの「nice to meet you!」と、
 「see you!」の挨拶だけだったけど、異国感あふれる
 相模原米軍基地は初めてであったので、いい経験。

 まあ、とにもかくにも家族全員、ヘトヘトになった春の一日。
 まるで、マラソン・カーニバル。
 また来年も行こうかね。



 ★ランキングに参加してます!!
 よろしければクリックお願い致します!!★
 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ (ジョギング)・マラソンへ






posted by hide at 11:41| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

相模原ランニング!!

 気まぐれな、春の空。
 というか、まだ寒い。
 何だろう?
 気象的に確実に変だ。
 「何かが起きているけど、それが
 何かわからない。」(by:Bob Dylan)
 そんな気持ち。

 さて、今週の日曜日は、いよいよ東日本国際親善マラソン
 相模原にある米軍の基地で行われるマラソン大会。
 なぜに、東日本なのかはよくわからないけども
 (東日本で開催するからか!)、
 日米同盟・米軍基地問題で揺れるこの情勢の中、
 少なくとも市民レベルでは、きっちりと国際親善を
 果たさねばなるまい。
 大会のHPのフォトギャラリーを見ると、
 かなり楽しいそうだ。ブラスバンドの演奏もある。
 和太鼓の演奏もある。ホットドック屋もある。
 皆さん楽しそうに走っている。
 いいなあ。

 今回は、家族みんなで行く予定。
 走るのは、私と小学2年生の花。
 春とノンは応援。
 私は、ハーフと親子ランに出る予定だが、
 メインは、やはり人生初の親子ラン。
 花は、どうも天邪鬼なところがあって、
 私が「楽しみ!頑張ろう!うれしい!」などと
 言えば言うほど「私、出ないよー。」
 「走るの苦手なの」などと言っておどかす。
 娘に翻弄されるカッコ悪いパパ的な香りも漂うが、
 そんなのはどうでもいい。
 今は、2Kの親子ランを完走することに集中だ。
 無事、走れたら、どんな気持ちになるのかね。
 花は、どんな顔するのかな。
 楽しみ。

 そして、ハーフ。
 こちらも楽しみだ。
 昨年12月のいたばしリバー以来のハーフだけど、
 懸念は練習不足とヒザのコンディション。
 最近は、皇居や、青梅・鎌倉などのトレイルを走り、
 じょじょに動き出してはいるけども、
 走る絶対量は、他のランナーに比べて少ない。
 というか、ほとんど走ってない。
 寒い!とか言って走らないのが、そもそも
 よくないが、21.0975Kも走れるのか不安。
 後、ヒザのコンディション。
 まあ、ヒザの故障があったので、しばらく
 走らなかったというのもあるわけなのだが、
 そのおかげで、状態はよくなっている。
 皇居や青梅や鎌倉でも痛くはなってない。
 でも、調子にのると痛くなるだろうから、
 7割位の出力で行こうかと思っている。
 という感じで不安もあるが、スタートの時間は
 もうすぐ。
 集中していこう。

 日曜日は、晴れかしら。
 暖かくなればいいなあ。
 私は、ひとり「勝負!」などと言って眉間に
 シワをよせていそうだが、
 春や花やノンにとっては、
 楽しいピクニックになればいいね。



 ★ランキングに参加してます!
 よろしければクリックをお願いいたします!!★
 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ (ジョギング)・マラソンへ


 
 


posted by hide at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

鎌倉トレイル&マラニック!!

 4月11日。日曜日。
 暖かな春の日。
 時間がとてれたので、
 前から気になっていた「鎌倉トレイル」を
 決行することした。
  
 今回のコースは、
 北鎌倉駅から、六国見山(標高147m)を制覇して、いったん
 明月院あたりまで降り、更に頂上に源頼朝公の像がある
 源氏山(標高93m)を駆け上がる。途中、銭洗弁財天、
 佐助稲荷などの観光名所を通る。そして、更に、
 大仏ハイキングコース(トレイル)を下り、
 鎌倉大仏に出て、江ノ電の沿線を稲村ケ崎まで行き、 
 ハロー太平洋。さらに、134号を江ノ島まで走り、
 小田急片瀬江ノ島駅でゴール!!というかなり
 盛りだくさんなもの。

 朝、6時半の中央林間発の小田急線に乗り、
 藤沢でJRに乗り換え、7時15分には北鎌倉到着。
 ノースフェイスのトレイルリュックに
 Tシャツ・タオル・携帯・財布・i-pod・水・
 soyjoyイチゴ味・クランキーイチゴ味をつめて
 いよいよスタート。
 六国見山は、森林公園になっていてその中の坂道を
 駆けあがると、やがてピークに到着する。
 147mだけど、頂上の景色は良い。春霞でよく見えなかった
 けど、ぼんやりと遠くに広がる太平洋の景色がよかった。
 晴れてたら、富士山も伊豆半島も三浦半島も見えるだろう。
 そして、山を下り、鎌倉の閑静な住宅街を超え、明月院
 まで降りてきて、再び山を駆けあがる。
 次の目的地は、源氏山だ。
 標高は低いが、走るとなるとやはりキツイ。
 ゆっくりじっくり淡々と走る。
 やがて、源氏山ピーク。まだ、桜が残っている。
 そして、花吹雪。ヒラリ、ヒラリと舞っている。
 ウグイスの鳴き声の他、静寂。
 なんというか、気持ちがとても良くなって、
 リラックスしてくる。
 贅沢な時間。
 あぐらをかいている源頼朝公像にご挨拶をして、
 銭洗弁財天へ。
 ここは、とにかくいつも参拝客で混んでいるが、
 私がいったのは早朝。8時頃。
 まことに空いていて、ゆったりとお参り&銭洗い。
 佐助稲荷で、鎌倉リスに遭遇し、ちょっとテンションが
 高くなりながら、鎌倉ハイキングコース(トレイル)に
 入る。
 今回は、早朝だったので、ハイキングしている方々は、
 ほとんどいなくて、気持ちよく走らさせていただいたが、
 これがお昼位だったら、もう混んでしまって大変だろう。
 もしかしたら、走れる状態ではないかもしれないなあ。
 山道は細いし。
 なので、もし行かれる方がいらっしゃったら早朝を
 お薦め致します。
 
 てな感じで、トレイルを下り、やがて舗装道。
 ハイキングコースとはいえ、山道。
 無事、下界に戻ってくると少し安心、安堵。
 でもって、江ノ島電鉄沿線を走り、稲村ケ崎をめざす。
 途中、力餅家で、名物の力餅を買い、ようやく
 稲村ケ崎。
 海が広がり、潮風がやたら心地いい。
 鎌倉海浜公園で休憩。海を見つつ、さっき買った力餅を
 食べる。うまくないわけがない。美味しい。
 時間は午前9時45分。スタートから2時間30分。
 寄り道しながらなので、そんな距離はないけど
 時間がかかった。

 元気になったところで、海沿いの134号線を、
 江ノ島に向けてスタート。
 途中、扇屋で、江ノ電最中を購入。
 花やノンへのおみやげ。
 江ノ電最中は、5種類も味があるぜ。
 すごいぜ。
 ということで、ようやく片瀬江ノ島駅に到着。
 10時30分位だったかなあ。
 朝、7時15分スタートだから、随分と長く行動した
 感じ。
 
 山道を走ると、腰・腿の筋肉がとても疲れるが、
 きっといいトレーニングになっているんだろうなあ。
 なによりも、自然の中を走ると、とにかく気持ちいい。
 甘いものも、とにかくおいしくなる。
 
 というわけで、とても贅沢な日曜日の午前中でした。
 また、行こう。

 来週の日曜日は、東日本親善マラソン大会。
 ハーフに出る予定。
 
 ♪ 鎌倉トレイルラン&マラニック お薦め度 ★★★☆☆ ♪
 観光名所がズラリ。トレイルは比較的ゆるやか。初心者向き。
 安心。ただし早朝がいいと思う。
 私が走ったコースは、おそらく13.5K位。

 ♪ 鎌倉おみやげ情報 ♪
 「力餅家」名物の力餅は、やわらかいお餅と、
 そんなに甘くない餡のコンビネーション。
 シンプルな力強さがある。1個105円。

 「扇屋」江ノ電が大好きな人にはたまらない。
 お店には、実際に使用したという江ノ電車両が
 埋め込まれている。
 名物の「江ノ電最中」は、青電・赤電・新電
 チェコ電・江ノ電の5種類(分類の仕方はよくわからないけど)。
 ゴマ餡や梅餡やゆず餡などバリエーション豊かな味。
 江ノ電の形をした包みケースも楽しい。1個130円。

 
 ★ランキングに参加中!!クリック願います!!★
 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ (ジョギング)・マラソンへ

 
 

 
posted by hide at 09:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

春/皇居を駆けろ!!

 春爛漫の昨日。

 仕事帰りに、初の皇居ラン
 昨年の8月に走り始めた僕は、8ヵ月かけて
 ようやくデビューしたことになる。
 私もついに皇居ですか。
 ランニングのメッカを走るわけですか。
 すごいじゃないですか。
 ねえ。
 などと、意味のわからない感慨を抱きつつ
 半蔵門からスタート。

 コースは、お濠(おほり)の向こうに、霞が関や日比谷の高層ビルが
 広がる爽快なビューポイントから始まる。
 まあ、いつも見ているとはいえ、なかなかの絶景。
 いいやないの。
 そして、しばらく進むと桜田門。
 ここは、まるで飛行場のような広大な広場になっている。
 とにかく、だだっ広いので、そこをチョコチョコ
 走る自分はとても小さな存在に思えてくる。
 でもって、松林の美しい皇居外苑エリア、辰巳櫓や大手門など
 江戸城的情緒あふれる皇居東御苑エリアをガシガシ進み
 やがて千鳥ヶ淵。

 千鳥ヶ淵といえば見事な桜。
 今夜は、桜が満開。
 つーことは、当然、お花見。
 イエイ。
 ということで、僕はランニングコースを外れ、
 しばし千鳥ヶ淵で桜見。
 お濠の向こうにライトアップされた
 白い桜の花々がとにかく幻想的。
 きれい。美しい。
 なんか心がフワフワした感じになったところで
 再びシーンに復帰。
 でもって、ブリティッシュロックな英国大使館の
 横をとおり再び半蔵門に戻ってきた。

 記念すべき皇居1周目なのに
 花見をして横道にそれたので、
 なんかマズイと思い(まずくはないが)、もう1周することにした。
 2周目は、フォームやヒザの調子を確認しながらしっかりラン。
 約5キロを30分程。
 で、本日は終了。

 いまさらですけど、やはり皇居は、ラン的に素晴らしい
 環境が整っている。
 景色がいいし、信号がないし、適度なアップダウンもあるし、
 トイレや休憩スポットも整備されている。
 地元、中央林間ランも悪くはないが、やはり皇居は
 多くの人を魅了するだけあって、すごい良いコースだったなあ。

 ランニングの拠点としては、半蔵門にある銭湯「バンドゥーシュ
 を利用。
 ランステだとか、ジョグリスだとか、ランベースなどの
 選択肢もあったが、ランニング後に湯船につかりたかったので、
 クラシカルな銭湯にした。
 けど、バンドゥーシュ。番台のおばちゃんは気さくで
 やさしい人だったけども、いかんせん狭い。
 脱衣所も、湯船も狭い。
 なので、混んでいると大変。
 昨日は、桜満開日ということで非常に混んでいたので、
 何をするにも、スムーズにいかなかった。
 まあ、そういうのも慣れなんだろうなあ。

 でも、お花見して、気持ちのいいランをして、お風呂につかって
 さっぱりして、バンドゥーシュの外に置いてあるベンチに
 座って、夜空を見上げて「ふーー」などと言っている状況が
 幸せでないわけがない。

 また行こう。


 ★ランキングに参加中です!
 もしよろしければクリックお願い致します!!★
 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ (ジョギング)・マラソンへ






 
posted by hide at 15:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

春/青梅高水山トレイルラン!!

 青梅高水山トレイルラン15キロ。

 体調もなんとか回復し、朝6時、
 中央林間の自宅を出発して、JRを乗り継ぎ、
 8時、青梅で、ラン師匠の拓さんと合流。
 まだ桜は5分咲き。なんだか、かなり寒い。
 ランナーが会場に向けて列をなしているので、
 なんとなくついていく。
 途中「穴守稲荷」という小さな神社があって、
 拓さんが、「今日の無事を祈っていこうではないか」と
 いうので、二人で手を合わせた。

 そして、トレイルラン会場に到着。
 青梅の山間にある公園。
 参加人数は、30キロ・15キロの部、あわせて2200人とか言ってた。
 ランナーが続々集まり、エネルギーが充満している中、
 手続きをして、ゆっくり着替えて、恒例というエアロビクスを
 「ヒューヒュー」と掛け声を上げながらやりつつ、
 スタートの時を待つ。
 トレイルを走ったことがないので、拓さんに
 「どうしたらいいのよ?」と聞くと、
 「子供が山で遊ぶような気持ちで走ればいい」とのこと。
 なんとなくわかった感じになって、
 いよいよスタートの10時40分。

 混雑しているので、ゆったりとした感じでスタート。
 高水山のハイキングコースといわれる所を15キロ。
 そうは言っても、マウンテン。やがてアップダウンの
 激しい道となる。
 僕は、拓さんに言われたとおり、童心に戻ったつもり、
 山道を楽しみつつ走った。
 だけども、上りは、やはりキツイ。やがて、みんなが 
 歩きだすので、私も歩く。
 下りは、みんなツッタカッタッターというリズムで
 バシバシ進んでいく。
 私も最初、転がる石の気持ちを楽しんでいたが、
 やがてしかめっ面。
 あれは、ヒザに相当の負担がかかる。
 平地ランニングでも、ヒザには体重の3倍から5倍の
 負荷がかかるというが、私の感じでは(あくまで私見)、
 山道を下る時は、8倍から10倍程度の負荷がかかっている
 のではなかろうか。
 で、ちょっとヒザに違和感を感じるようになったので、
 ゆっくりゆっくり下るようにした。苦手。

 大概は、木に囲まれた山道を、忍者のように突き進むのであるが、
 時折、青梅の街をはるか彼方に見渡せる気持ちのいい場所に
 出たりする。
 いつの間にこんな高い場所まで登ったのだとビックリしつつも
 しばし、広がる景色に癒されて、再びレースに集中する。
 ここのところ走っていなかったのと、病み上がりということで、
 かなりキツかったが、やがて15キロを走破。(歩いたけど)
 タイムは、1時間40分位。
 ゴール付近では、沿道の皆さんが熱い声援をしてくれて涙。
 無事ゴールできたので、拓さんと抱き合って喜んだ。
 ゴールってのは、うれしい。

 でもって、帰り道。
 ケガもなく無事走ることが出来たので、
 朝、お邪魔した「穴守稲荷」にお礼参り。
 すると赤いのぼり。祭壇に鯛。
 ん?と思っていると、
 今日は、一年に一度の穴守稲荷のお祭りの日だとのこと。
 氏子の方々が、神様の前でゴザを敷き宴を行っている。
 そして「にーちゃん達もいっしょに飲んでいきなよ!」と
 ハートフルなお言葉。
 でもって、冷えたビールをいただき、絶品のもつ煮込みをいただき、
 こんにゃくをいただき、近所にある江戸時代から続くという
 老舗の最中をいただいた。
 それは、もう至れり尽くせり。
 氏子の皆さんは、みんな気さくな人達で、地元青梅の話や、
 神社の話を面白く聞かせてくれた。
 なぜに通りすがりの私達にそんなに
 よくしてくれるのだと思ったのだけど、
 それは、その方々がいい人達で、心がやさしいからに
 決まっているのだ。
 青梅の人情に触れ、感動。感謝。忘れかけてた
 大切なものを思い出す。
 拓さんも「この街で出会った人みんなやさしかった」と
 なかなか素敵なことを言っていた。
 
 というわけで、青梅高水山トレイルラン。
 山道を走るってのは、普段と違う筋肉を使うみたいで、
 かなり良いトレーニングになる。
 さらに、転ばないように細心の注意を払わないといけないが
 スリリングで面白い。
 そして、自然の中を走るという行為は気持ちいいことだと
 改めてわかった。
 今回は、青梅の方々のやさしさにも触れ、
 また来年も出たいなと思った。
 よかったよ。


 ■青梅高水山トレイルランお薦め度★★★★☆

 ■青梅お土産情報 「道味」の最中 1846年(弘化3年)創業から
 変わらない味 餡がやたらおいしい おばちゃんがやさしい。
 1個105円。


 ▼ランキングに参加中!!クリックお願い致します!!▼
 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 その他スポーツブログ (ジョギング)・マラソンへ





posted by hide at 12:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする