2009年12月29日

年の瀬。

 年の瀬。 
 のんびりと過ごしております。
 家の掃除をして、近所のグランベリーモールなどを
 ぶらつき、子供と遊び、夜はだいたいビール。
 ここのところ昼間は非常に穏やかな日和なので、
 ついつい走りたくなるのですが、
 グググっと、その気持ちを抑え、
 左ヒザ完治のために静養しております。
 まったく痛みはないのですが、まだ若干
 違和感があるので、走るときっと
 痛みが戻ってくるに違いないと
 ふんでおります。
 治りかけては壊し、治りかけては壊しを
 繰り返してるので、いい加減
 このマイナススパイラルを断ち切ろうと
 私は、決然と走らないことを決めたのでした。
 決して、寒さのせいで走りたくないのでは
 ありません。

 しかし、2009年はランニングの楽しさを
 実感できてよかった。
 足を無限に回転させて、グイグイと
 前に進んでいく感覚。
 景色が流れて、自分の風を作り出しながら
 どこまでも行けちゃうぜと、錯覚する感覚。
 言ってる自分でも、よくわからないですけど、
 とにかく「走る」ということが楽しいって
 わかったのは大きい。
 2010年は、もっと走ります。
 いろいろな場所で、いろいろなスピードで。
 シュバっと。

 というわけで、ちょっと早いですが、
 今回で、2009年の「Hello,Running!!」は終わりっす。
 また、新年にお会いいたしましょう。
 皆様、良いお年を!!


 
posted by hide at 07:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

鎌倉ランニング。

 クリスマスイブ。
 この歳になると、さみしいかな、
 ロマンティックな気持ちになることは
 ないのだけども、街は、キラキラしていて
 ホント、美しい。
 娘の花やノンは、とにかくはしゃいでる。
 サンタさんに書いた手紙を、
 赤い靴下にいれて、ツリーに飾ってる。
 いいなあ、純粋で。
 素敵なクリスマスになればいいねえ。

 で、先週の日曜日。
 ちょっと走った。
 鎌倉に住んでる友達のAGと
 私的忘年会をやることになって、
 集合時間より少し早目に行き、鎌倉ランニング決行。

 鎌倉駅から、134号に出て、七里ガ浜まで。
 天気は、快晴。
 それ程寒くなかったのだが、風がやたらと強かった。
 南の方からゴーゴー吹いて、海が盛り上がる程。
 まともに向かい風で、倒れこんでも押し戻される。
 真冬のギラギラ輝く太陽が、海に反射して、
 やたらと眩しい。

 まあ、しかし制限時間があるわけでないので、
 ゆっくりゆっくりランニング。
 湘南の(強すぎる)風を身体中に吸いこんだからか、
 とても充実した気持ちになって、
 「いいな、いいな、このシチュエーション」と
 思いつつ走った。
 しかし、ホント、あの辺りはいいねえ。
 自転車やっても、サーフィンやっても、走っても
 遊んでも、気持ちいい。(自転車やサーフィンは
 してないですが)
 スポーツ天国。

 そんな感じで、ロケーション・マインド的には
 最高だったのですが、懸案事項のヒザ痛が、
 やっぱり出てきました。

 グワングワン。

 ただ変だったのは、
 今まで痛かったはずの左ヒザ内側は痛まず、
 ヒザのお皿の上側から、外側にかけてジンワリと
 痛くなった事。
 今回は、スピードも出さず、やさしく走ったのに
 なぜよ?どうしてよ?
 広がるヒザ痛。しつこいヒザ痛。
 まったく。
 ホント、しばらく完全に走るのやめた方がいいかも。
 寒いことだし。


 走り終わったら、例の如くヒザ痛は、サラリと消え、
 AG宅に行って、忘年会。
 ビールをたくさん飲みつつ、今年を振り返り、
 来年に向けて抱負を語ったのでした。

 ヒュルリ。



posted by hide at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

旅の空の下。

 旅先でのランは楽しい。
 今年の、8月に走り始めてから、
 箱根とディズニーリゾート(東京)に泊まりに
 行ったのだけど、両方とも空いている時間に
 走った。
 
 箱根では、芦ノ湖畔にたたずむ静かなリゾート
 ホテルに泊まった翌朝、早朝、鳥のさえずりの中で、
 ホテルの近くを、ゆったり走った。
 その道は車が入ってこられず、人もいない。
 芦ノ湖は、神秘的。
 なんか精神的にとっても癒された。
 でも、まだ走り始めたばかりの頃だったので、
 身体的には、ゼーゼーヒーヒーでつらかったけど。
 
 ディズニーリゾートでは、夜とその翌朝の
 2回、ディズニーリゾート外周ルートを
 走った。
 一緒に行った子供達が寝るのを待ち、妻が
 買い物を終えるのを待ち、私はビールを
 我慢して、夜の10時過ぎに、ホテルミラコスタを
 出発して、ディズニーリゾートの周りを
 ぐるりと一周した。
 タワー・オブ・テラーの裏側なんかを
 チラチラ見て、その見慣れない情景に若干の
 感慨を抱きつつ、ゼーゼーヒーヒー。
 そして、翌朝も調子にのって、みんなが
 起きる前に、そっと部屋を抜け出して、
 また、同じコースを一周し、ゼーゼーヒーヒー。
 
 普段と違う環境で走るは、とっても楽しい。
 流れる景色も、流れる空気も違い、元気に
 なれるのがいい。

 で、今は、出張で名古屋に来ています。
 密かに、ジョギングシミュレーターなどで
 ランニング計画を練っていたのですが、
 ここのところの寒さのせいで、すっかり
 気持ちがなえて、ランは中止にしました。
 最近、気づいたのですが、僕は寒い中
 走るのが、どうも苦手です。
 10℃を下回ると、走る気がなくなります。
 まったく、甘いよ、あなたは。
 と、ランニングの神様に見放されそうですが、
 それはそれで仕方ない。
 帽子だとか、ネックウォーマーとか、手袋を
 先日、買い込んで準備は万端なのに、この体たらく。
 まあ、だんだんと慣れていくでしょう。
 マラソンは、冬がトップシーズンですし。(若干、
 寒いのに、なぜ?と疑問に思う僕もおりますが)

 というわけで、その分、筋肉トレーニング。
 朝に夜に、100回ずつ、腹筋・背筋・腕立て・スクワットを
 しております。
 普段は、50回なのですが、甘い自分に対して
 せめてもの負荷・十字架・試練ということで。





 
 
 

 
 
posted by hide at 08:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

師走にあたって。

 師走も、押し迫ってきました。
 後、2週間で、新年。
 今年をしっかりと締めたいものだが、
 どうするべきか。
 しっかりとこの1年を反省し、来年に向け
 強固なグランドデザインを描いてみますか。
 ねえ。
 って、口ばっかって感じだけど。

 いたばしリバーサイドから1週間が過ぎました。
 多少、筋肉痛があったものの、
 左ヒザの痛みがほとんどなかったので、
 いいじゃないの?!フフフとほくそ笑み、
 ちょっと走ったら、再び左ヒザ鈍痛。
 うーん、なんだっていうのよ?
 別に走ることを強制されているわけではないのに、
 わざわざ走って、逆戻り。
 相も変わらず、成長してない。
 アホウ。

 最近は、先輩諸氏のランニングブログを耽読・乱読。
 私は、駆け出しなので、とにかく勉強になる。
 フルマラソンのレポートなどは、まだ見ぬ世界を見させて
 くれて、わくわくする。
 後、けっこう多いのは、故障に関する記事。
 鍛え上げたアスリートでも、肩・腰・膝・足など常時
 故障を抱えている様子。
 痛みをこらえて練習したり、レースに出場する辛さは
 計り知れない。
 私の故障など、ホントにかわいいもの。
 というか、故障ではないな。
 先輩諸氏からすると、鼻風邪をひいたようなものだろう。
 でも、まあ、私個人にとっては、現在のランニング円グラフの
 うちの50%超を占めるであろう左ヒザ問題。
 鼻風邪でも、重要問題。
 早く完治させねばならぬ。うん。


 今週は、名古屋に出張の予定。
 出張ランをしたいのだけど、どうなることやら。
 スーパースロージョギングなら、いいかな。
 って、あいもかわらずわかってない発言。
 でも、走りたいよなあ、知らない街。


posted by hide at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

いたばしリバー!!

 走りました。
 いたばしリバーサイドハーフマラソン。
 当日は、つきぬけた青空で、寒くなく、
 風も強くなく、とにもかくにも穏やかな日和。
 僕は、初ハーフだったので、変に緊張。

 で、素人ランナーにありがちなミスだと思うのですが、
 当日、スタートの45分前に会場につき、ゼッケンだ、
 着替えだ、トイレだと言ってたら、あっという間に
 スタート時間の10時。
 僕は、なんとみんながスタートしてから、スタート地点に
 立つという痛恨のミスをしてしまいました。
 本当なら、スタートラインに立ち、静かに
 21.0975km先のゴールを想うつもりで
 あったのだけど、そんな暇はなく
 あたふたドタバタなスタートとなったのでした。

 とにもかくにも、集団の最後尾からのスタート。
 でも、この辺のランナーは、ゆったり走るので、
 僕は、ガンガン抜かしていった。
 計画では、ゆったりペースのつもりだったけど、
 やはりレースの高揚感・緊迫感が、僕を必要以上に
 オーバーペースにした。
 以下、ラップ(らしきもの)。
 素人ランナーらしく、i-podのストップウォッチ機能で
 5km、10km、16km、20kmでカチカチやりました。
 5km 24:14
 10km 25:23
 16km 26:32
 20km 23:48
 で、結果、1時間40分13秒。キロ平均4.8分。
 いつもは、キロ6分位で走っているから、
 かなりのオーバーペース。頑張っちゃったなあ。
 だから、やはり後半は、とてつもなくキツく
 スピードを上げようにも、ホヘホヘで、
 腕を振ろうにも、力が出ず、ひたすらゴールは
 まだかと考えながら走ってました。
 それでも、なんとか無事ゴール。
 最後の400mだけスパート。
 左ヒザの痛みは、若干出たものの、
 想像してた程ではなかったので、よかった(よくないけど)。

 いたばしリバーサイドは、まあ、荒川の河川敷を
 走るわけですが、空が広くて解放感がある反面
 景色がずっと似ていて単調なのがイマイチだったなあ。
 でも、折り返しコースなので、トップランナーの
 走りが見れるのが楽しい。
 皆さん、スリムで、足の回転が速い。かっこよかった。

 自分的には、後半けっこう抜かれたので、
 スタミナ切れをなんとかせにゃならんと思いました。
 どうしたらいいのだろか。
 まあ、またゆっくり考えますか。
 しばらくは、走らずゆっくりした方がいいだろうし。

 本格的なマラソン大会は初めてだったのですが、
 会場の雰囲気は、穏やかでよかったねえ。
 途中で歩いている人もいたけど、レース終了後は、
 みんな笑顔。
 僕も、レースが終わった後は、安心感・安堵感に包まれて
 「青い空がこんなに気持ちいいなんて」などと、ひとり
 感動。
 さらに、レース後のもつ煮込み&ビールは、最高でした。
 あんな美味しいとは思わなかった。

 また、走ろう。

posted by hide at 18:18| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

いたばしリバー!!(フラッシュ)

 いたばしリバーサイドハーフマラソン。
 快晴。
 どこまでも、青い空。
 冬なのに暖かい。
 きっと、ベストコンディション。
 
 記録。
 【ハーフ男子16〜39歳】
 記録:1時間42分25秒
 順位:197位(母集団は、よくわからない)

 とりあえず、速報版ということで。
 とにもかくにも、楽しかったあ。



posted by hide at 19:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

レース前。

 12月3日。
 いたばしリバーサイドハーフマラソンの3日前。
 なんか緊張するなあ。
 初めての本格的レースだもの。
 21.0975q。
 絶妙な距離感じゃないですか。
 ねえ。

 10月以降ウダウダ言ってました
 左ヒザ故障の方は、目にみえて回復してます。
 ホントは、微かな違和感は感じるのですが、
 実感としては、まったく問題なし。
 故障した当時は、全然快方に向かわないので
 悲しい気持ちになっていたのですが、
 時間をじっくりかければ、自然といい方向に
 向かうのですね。
 故障したら、痛みがなくなるまで
 絶対走らないのが治療の王道なのだろうなあ。
 それができればノープロブレムなのに、
 ついつい「ワークアウトに行ってくるよ!じゃあな。」
 などと言って出かけて行くから、ケガが長引く。
 そのへんは、難しい。
 というわけで、故障したのが10月10日。それから
 2ヶ月経ってようやく、希望の光が見えてます。

 しかし、このタイミングで、リバーサイド。
 また、無理して走れば痛くなることは必定。
 微かな違和感がある限り、出場をやめた方が
 いいのかもしれない。
 でも、出る。
 出たい。
 出させてください。
 ここのところの走りの感覚では問題はないと思う。
 まあ、本番では抑えて抑えて走ろう。

 今朝の日経新聞には、マラソン特集が載っていた。
 フルマラソンに取り組むランナーは、レースの
 3日前から大量の炭水化物を食べて、グリコーゲンを
 ため込み、レースでのスタミナ切れを防ぐ
 「カーボローディング」という食事法をして、レースに
 臨むそうだ。
 ごはんとか、うどんをバシバシお腹いっぱい食べると
 粘り強いレースが出来るらしい。
 へー、「カーボローティング」ねえ。
 いろいろあるんだなあ。テクニックが。

 とは言っても、レース直前の金曜・土曜と
 飲み会を控えている駆け出しランナーの僕に
 そのような計画的な調整は出来そうにない。
 とにもかくにも、スタートの瞬間に向けて
 集中していくのみだ。

 ダッシュ。



posted by hide at 10:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする